MotoGP ニュース

2019.09.11

MotoGP:KTM離脱のザルコ「お金のためだけに走ることは望まない」。空いたシートを巡って混乱も


MotoGP | MotoGP:KTM離脱のザルコ「お金のためだけに走ることは望まない」。空いたシートを巡って混乱も

 第11戦オーストリアGP後、2019年シーズンいっぱいでKTMのファクトリーチームからの離脱を発表したヨハン・ザルコ。ザルコの離脱発表により、2020年、KTMファクトリーのシートがひとつ空くことになった。

 2019年シーズンよりKTMのファクトリーライダーに起用されたザルコの契約期間は2020年までの2年間だったが、ザルコはKTM加入から約半年で離脱を決断した。KTMはMotoGPクラスに参戦して今年で3年目となるが、MotoGPクラス参戦1年目と2年目に2位2回、3位1回の表彰台を獲得し、2年連続でランキング6位を得たザルコを起用することで、さらなるマシン開発の進化と成績の向上をねらっていた。

 テック3ヤマハでヤマハYZR-M1を駆り、表彰台をねらえる位置でレースをしてきたザルコだが、直列4気筒エンジンからV型4気筒エンジン、アルミフレームからスチールトラスフレーム、オーリンズ製からWP製へのサスペンションメーカーの変更と、YZR-M1とは異なるKTMのMotoGPマシン、RC16への適応に苦戦した。

ヨハン・ザルコ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)
ヨハン・ザルコ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)

 オーストリアGP終了時点でザルコのランキングは17位。ベストリザルトはカタルーニャGPの10位(ただし、多重クラッシュで上位4名がリタイア。同じKTMを駆るポル・エスパルガロ、ルーキーのミゲール・オリベイラにも成績では先行されていた。

 離脱発表後のイギリスGPではザルコの言動に注目が集まったが、ザルコは次のように語っている。

「このまま2年目を迎えても、状況が変わるとは思えなかった。そうなった場合、僕自身のキャリアにとっても大きなリスクとなる。僕はお金のためだけに走ることは望まない。仕事として15位でレースを終えることを受け入れられないんだ」

「MotoGPマシンは中途半端には乗れない。全力でライディングする必要がある。それができないのなら、マシンに乗らないほうがいい。これが僕のレースへの取り組み方で、今シーズンも当初よりそうしてきた」

■2020年の去就が決まっていないザルコ。混乱するKTMのひと枠


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング