クルマ ニュース

投稿日: 2020.06.24 17:04
更新日: 2020.06.24 17:05

ニッサン10年ぶりの新車種。ミハエル・クルムも太鼓判を押すコンパクトSUV『キックス』発表


クルマ | ニッサン10年ぶりの新車種。ミハエル・クルムも太鼓判を押すコンパクトSUV『キックス』発表

 日産自動車は2020年6月24日、新型コンパクトSUV『キックス』を発表、6月30日(火)より発売するとアナウンスした。ニッサンの電動パワートレイン『e-POWER』を搭載するモデルのみの設定で、価格は275万9900~286万9900円となっている。
 
 2020年5月中旬から国内での広告展開をスタートしたキックス。市場でも若々しいデザインとe-POWERを支持する声が上がっているという。

 現行のキックスは、海外では2016年から販売されているモデルだ。今回、発表されたキックスe-POWERは2020年5月にタイで追加された新グレードだ。2016年版のキックスに対し、最新モデルはヘッドライトが大型化され、フロントマスクはシャープさを増したデザインにブラッシュアップされている。

 前述のとおり、国内版キックスには、電動パワートレインのe-POWERが搭載されている。直列3気筒1.2リッターエンジンと電気モーター、157kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、システム合計で最高出力129ps、最大トルク26.5kgmを発生。

 同門のノートe-POWERが109ps、25.9kgm、セレナe-POWERが136ps、32.6kgmなので、キックスe-POWERは中間の立ち位置となる。

キックスのリヤスタイル。全高はJUKEに比べて20mm高い。シルバーのルーフレールは標準で装備される。
キックスのリヤスタイル。全高はJUKEに比べて20mm高い。シルバーのルーフレールは標準で装備される。

 キックスは2019年12月に国内での生産を終えたジューク(JUKE)の実質的な後継車種にあたる。ボディサイズは全長4295mm、全幅1760mm、全高1585mm。ジュークに比べると160mm長く、20mmほど背が高い。ホイールベースもキックスの方が長いため、室内の居住性は広がっている。これはライバルのホンダ・ヴェゼルやトヨタC-HRとほぼ同格といえるボディサイズだ。

 グレードは『X』のみ。駆動方式はFWDに限られ、4WDの用意はない。安全装備においては、衝突被害軽減ブレーキが標準装備となるが、インテリジェントアラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーはオプション設定となる。

 一方、高速道路の運転でアクセルとブレーキ、ステアリングをアシストしてくれる『プロパイロット』は標準で装備された。

『X ツートーンインテリアエディション』。ボディカラーはピュアブラックパールメタリック。
『X ツートーンインテリアエディション』。ボディカラーはピュアブラックパールメタリック。

■ダブルVモーショングリルを採用し、アクティブで精悍なデザインに


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング