レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1ドライバー

F1 | ニコラス・ラティフィ(Nicholas Latifi) 2022年

    ニコラス・ラティフィ(Nicholas Latifi)

    カナダ /

    ゼッケンNo. :6

    ●国籍:カナダ
    ●生年月日:1995年6月29日(25歳)
    ●身長/体重:185㎝/74㎏

    ニコラス・ラティフィ関連ニュースまとめ

    2021年成績
    ●出走:22回
    ●優勝:0回
    ●表彰台:0回
    ●入賞:2回
    ●完走:19回
    ●PP:0回
    ●FL:0回
    ●ドライバーズランキング:17位/7ポイント

    通算成績
    ●F1デビュー:2020年第1戦オーストリアGP
    ●在籍チーム:ウイリアムズ(2020年)
    ●出走:39回
    ●優勝:0回
    ●PP:0回
    ●FL:0回
    ●表彰台:0回
    ●入賞:2回
    ●ドライバーズ選手権最上位:17位(2021年/ウイリアムズ)

    ■ニコラス・ラティフィ プロフィール

     近年のF1まで到達したドライバーではかなり遅い部類の、13歳でカートを始めている。カート時代は母国での活動を中心とし、2011年までの3年間を過ごした。

     翌12年も一部カートレースへの参加はあったが、イタリアに拠点を移し、フォーミュラを走り始める。同国のF3選手権で24レースを闘い、1勝を手にしてランキングは7位。この12年中には、米国でGTカーレースへの参戦もあった。

     イタリアでの1シーズン目を終えると、ヨーロッパが冬の間は南半球ニュージーランドに渡る。13年『トヨタ・レーシングシリーズ』でさらにフォーミュラ経験を増やそうとしたが、優勝・表彰台ともになく、ランキング9位だった。

     ヨーロッパの13年シーズンが幕を開けると、F3でヨーロッパ、英国のふたつの選手権にエントリー。ヨーロッパ選手権で30、英国で11レースを闘った。ともに未勝利だったが、英国では1度表彰台を獲得し、ランキング5位に食い込む。国際レースの『マスターズF3』にも参加し、7位でフィニッシュした。

     14年、F3での活動はヨーロッパ選手権に絞り、またも未勝利に終わるが、ランキングは前年15位から10位に押し上げる。さらに別フォーミュラでの可能性も模索。フォーミュラ・ルノー3.5に6レース参戦して1回の2位表彰台、F1直下のGP2(現FIA-F2)にも最終戦アブダビの1ラウンドに参加した。フォーミュラ以外にも英国でポルシェ・カレラカップの1ラウンドを走り、レース2では4位入賞の結果を残す。

     15年はフォーミュラ・ルノー3.5にフルエントリー、合間を縫ってGP2に4つのラウンドで8レース、カレラカップも参戦数を増やすという慌ただしいシーズンとなったが、いずれも際立った成果とはならず。メインのフォーミュラ・ルノー3.5はシリーズ11位、8レースを走ったカレラカップで1度の表彰台で終える。

     翌16年のF1シーズン開幕が迫ると、この年からワークスチームを復活させたルノーが、いきなりのテストドライバー契約を発表。この時点で20歳だったラティフィを、長期計画で育成し、スーパーライセンスの獲得を目指そうとの趣旨だ。

     ルノーはいずれFP1の走行を担当させるとも表明の上、フランス系のチームからこの年のラティフィをGP2へのフル参戦とした。だがGP2は全22レースで最高位7位の3回入賞と結果を残せず、FP1走行も実現することはなかった。

     翌17年もルノーとの契約は継続。GP2から改称となったFIA-F2で、2年目のフルシーズンを迎える。前年からは戦績に明らかな向上が見られ、第2ラウンドのレース2で初となる3位表彰台を獲得。さらに前半戦のうちに3度の表彰台を重ね、第6ラウンドのシルバーストンのレース2ではついに初優勝を果たす。ルノーはそこから約2週間後のハンガリーで実施された合同の居残りテストで、ようやくラティフィにF1初ドライブの機会を与えている。

     だがこの年のF2を最終的にはランキング5位で終え、ルノーとの間の契約は延長されることがなかった。そこでラティフィはフォースインディア(現レーシングポイント)に矛先を変え、18年からのリザーブ&テストドライバー契約を新たに結ぶ。発表時には、ここでもFP1出走について言及がされた。そして第7戦カナダからシーズン終盤に向かい、計5回のセッション参加があった。継続参戦したF2は前年と同じ1勝を挙げたものの、ランキングは9位に落とす。

     しかしシーズン中にフォースインディアでは、契約相手だった旧オーナー体制が崩壊した。19年に向けて、今度はウイリアムズとリザーブドライバー契約。当初からテストへの複数回参加、シミュレータドライブ、FP1担当6回が明言される内容だ。

     それらはすべて、実行がされた。ラティフィはF2でも4勝ランキング2位と戦績を伸ばし、ついにF1レース本番への出走がかなうスーパーライセンスの発給基準も満たす。

     20年は、ウイリアムズのレギュラードライバー昇格が決定済みだ。

     その2020年、唯一のルーキードライバーであるラティフィは、予選ではチームメイトのジョージ・ラッセルに全敗となった。第1戦オーストラリアGPでは11位と入賞に迫ったが惜しくも届かず。結局この年は11位が最高位で、ポイント獲得とはならなかった。

     ウイリアムズで2年目のシーズンとなった2021年は、ハンガリーGPでスタート直後の多重クラッシュをかいくぐり初入賞。ラッセルとダブル入賞を記録し、ウイリアムズに2019年以来のポイントをもたらした。悪天候のなかで行われたベルギーGPでもポイントを獲得している。

    公式URL:
    https://www.nicholaslatifi.com/
    Facebook:
    https://www.facebook.com/NicholasLatifi
    Instagram:
    https://www.instagram.com/nicholaslatifi/
    Twitter:

    年度別ドライバー

    ニコラス・ラティフィ最新ドライバーニュース

    ニコラス・ラティフィの最新画像