レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2017.08.04 18:03

F1ベトナムGP開催案が再浮上。アジアマーケットを重要視するハイネケンが熱望

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | F1ベトナムGP開催案が再浮上。アジアマーケットを重要視するハイネケンが熱望

 F1経営陣は、ホーチミン市でのベトナムGPをF1カレンダーに追加するアイデアに関して再び調査しているようだ。

 Sun紙のF1記者であるベン・ハントによると、F1の代表者たちがベトナム入りし、グランプリ開催の可能性について精査しているのだという。

 ベトナムでは昨年、初の本格レースサーキットが完成したが、グランプリレースに適した会場は国内にはまだ存在しない。

 F1コミュニティにおける反応は熱心なもので、特にハイネケンなどのスポンサーの一部は、アジアを極めて重要視しており、この地域へのレース追加を実現したがっている。

「現地のパートナーを通じて、ベトナムでの我々の認知度は非常に高い。以前彼らをモンツァへ招待したが、大変喜んでいた」とハイネケンのシニアグローバルブランドディレクターのジャンルカ・ディ・トンドは述べた。

「ホーチミン市でレースを開催したらどうだろうか」

 ベトナムGPのアイデアは数年前から話題に上っているが、バーニー・エクレストンは、ベトナムでのレース開催のオファーを同国にレースの歴史がないことを主な理由に断ったことを今年明らかにした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース