レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.08.26 23:15

その道23年。プーマ・モータースポーツのマネージャーに聞く最新ギア事情(4)

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | その道23年。プーマ・モータースポーツのマネージャーに聞く最新ギア事情(4)

 近年、モータースポーツ界において多くのドライバーやチームが愛用するギアブランドがある。それは、サッカーや陸上など他のスポーツでもおなじみのブランド、プーマだ。1990年代後半からモータースポーツに参入しメキメキとシェアを拡大。いまや日本を含め多くのチームが愛用しているが、そんなプーマ・モータースポーツのセールス部門の実質的なトップである、『レースウェア・シニアセールスマネージャー』を務めているブルーノ・ヴァリエンティが日本のモータースポーツマーケットのリサーチとスーパーGT第5戦富士を訪れるために来日したので、彼に話を聞くことができた。

 最終回となる今回は、レーシングギアとは直接関係はないが、F1界でスポンサーを得るための“工夫”について聞いた。

■巨額スポンサーを得るためのロゴの工夫

 前回、ブルーノの言葉にも出てきた“スポンサーロゴの露出”については、特に現代のF1では非常に工夫がされているという。ブルーノはこんなことを教えてくれた。

「スポンサーロゴに関して言うと、『フォトシューティングスーツ』という、ドライバーの撮影のときなどに着用するスーツがあって、これは普通のレーシングスーツと比べて、とくに腕の部分のスポンサーロゴが見えやすくなっているんだ。また、記者会見のときに着る上半身だけのジャケットもある」

2016年第1戦オーストラリアGPで写真撮影に臨むダニエル・リカルド
2016年第1戦オーストラリアGPで写真撮影に臨むダニエル・リカルド

カナダGPで記者会見に臨むロズベルグ、ハミルトン、ベッテル
カナダGPで記者会見に臨むロズベルグ、ハミルトン、ベッテル

関連のニュース