F1 ニュース

投稿日: 2018.09.12 07:42
更新日: 2018.09.12 07:55

フェラーリからザウバー移籍のライコネン「古巣に戻るのは最高の気分」とコメント。ルクレールは亡き父とビアンキに感謝


F1 | フェラーリからザウバー移籍のライコネン「古巣に戻るのは最高の気分」とコメント。ルクレールは亡き父とビアンキに感謝

 2019年にフェラーリからザウバーへ移籍するキミ・ライコネン、それに代わってザウバーからフェラーリへと昇格するシャルル・ルクレールがそれぞれコメントを発表した。

 11日、フェラーリはライコネンが2018年末でチームを離れること、2019年にはルクレールがセバスチャン・ベッテルのチームメイトを務めることを正式に発表した。一方、ザウバーはライコネンと2019年、2020年の2年にわたる契約を結んだことを明らかにした。

 ルクレールはSNSを通して、喜びを示し、フェラーリ、家族、先輩である故ジュール・ビアンキに対する感謝の言葉を発表した。

「夢がかなった。2019年にフェラーリからF1に参戦することになったんだ」とルクレール。
「このチャンスを与えてくれたフェラーリへの感謝は忘れることはないだろう。2011年から僕をサポートしてくれている(マネージャーの)ニコラ・トッド、それから家族にも感謝する。僕がここまで来る手助けをしてくれたが、すでに亡くなってしまった人もいる。パパ、本当にありがとう。そしていろいろなことを教えてくれたジュールにも感謝する。君のことは決して忘れない。僕をサポートし、信じてくれた人たちすべてにお礼を言いたい」

「みんなを失望させないよう、今まで以上に懸命に仕事に取り組むつもりだ。でもまずは、今シーズンをこの最高のチームとともに過ごしていく。ザウバーが僕に、戦ってポテンシャルを示すチャンスをくれた」

■ライコネンは2001年にF1デビューのチャンスをもたらしたザウバーに復帰


関連のニュース

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング