F1 ニュース

投稿日: 2019.02.05 08:35
更新日: 2019.02.05 08:41

ハートレーがフェラーリF1と契約。4人の新シミュレータードライバー体制が発表


F1 | ハートレーがフェラーリF1と契約。4人の新シミュレータードライバー体制が発表

 スクーデリア・フェラーリは、2019年シーズンに向け、シミュレータードライバーを4人起用することを発表した。そのなかには2018年までトロロッソ・ホンダのレースドライバーを務めたブレンドン・ハートレーも含まれている。

 4日、フェラーリは、2019年F1マシンの開発に携わるシミュレータードライバーとして、ハートレー、パスカル・ウェーレイン、アントニオ・フォコ、ダビデ・リゴンを起用することを明らかにした。2018年にフェラーリでシミュレーター作業を担当していたダニール・クビアトとアントニオ・ジョビナッツィはともに2019年にF1レースシートを獲得したため、メンバーの補充が行われた形になる。

 ハートレーは2017年アメリカGPでトロロッソからF1デビュー、同チームで2018年フルシーズンを戦ったものの、残留はかなわなかった。F1でやり残した仕事があると語っていたハートレーは、フェラーリのシミュレーター担当ドライバーとしてF1に関わり続けることになった。

 ウェーレインはメルセデス育成ドライバーとして活動し、2016年にはマノー、2017年はザウバーからF1に参戦したものの、その後シートを喪失。2018年末でメルセデスとの契約を終了し、新たなチャンスを求めることを決めた。現在はフォーミュラEに参戦している。

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とパスカル・ウェーレイン(マノー)

 22歳のフォコは長くフェラーリのサポートを受けているドライバーであり、リゴンは2014年からフェラーリのシミュレーター作業を行っている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GAINERsucre
神崎美羽(かんざきみう)

F1 Photo Ranking

フォトランキング