海外レース他 ニュース

投稿日: 2024.04.10 12:15
更新日: 2024.04.10 16:47

新興ゴート・レーシングがTCRヨーロッパにも参戦。FL5型シビックRにドゥサン・ボルコヴィッチを起用


海外レース他 | 新興ゴート・レーシングがTCRヨーロッパにも参戦。FL5型シビックRにドゥサン・ボルコヴィッチを起用

 新たにFIAステータス認証を取得した創設2年目のFIA TCRワールドツアーに向け、初参戦のチャレンジを表明済みの新興ゴート・レーシングチームが、世界戦のプログラムと並行してTCRヨーロッパ・シリーズへの参戦をアナウンスした。チーム創設者ファミリーの出身であるフェリペ・フェルナンデス・ギルとともに、セルビア出身のドゥサン・ボルコヴィッチを起用した2台体制でエントリーする。

 同じく、北欧のツーリングカー・シリーズとして複数年にわたってTCR規定を採用したSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権にて、オレンジのリンク&コー03 TCRを走らせてきたMA:GPは、引き続きヴィクトル・アンダーソンを擁して2年目の欧州最高峰シリーズへの挑戦を発表している。

■シートを失っていたボルコヴィッチがシビックのドライブ機会をゲット

 昨季2023年までヒョンデ陣営としてTCRヨーロッパを戦ってきたターゲット・コンペティションが、BoP(性能調整=バランス・オブ・パフォーマンス)の議論を巡って撤退した余波を受け、2023年シーズン途中でシートを喪失していたボルコヴィッチだが、今季のグリッド復帰に際しては最新のFL5型ホンダ・シビック・タイプR TCRのステアリングを握ることとなった。

「今季、こうしてゴート・レーシングのチームとヤス・モータースポーツからTCRヨーロッパでのドライブへ向けた招待を受け、とてもうれしく思っている」と意気込みを語ったボルコヴィッチ。

「TCRファミリーに戻れるのはいつだって喜ばしいことで、新シーズンがもたらすはずのすべての課題に直面する準備ができている。チームのサポートを得て、このような大きな世界のプラットフォームで母国を代表すべく最善を尽くすつもりだ」

 これでアルゼンチン出身のエステバン・グエリエリ、イタリア出身のティーンエイジャー、マルコ・ブティが参戦するFIA TCRワールドツアーを含め4台体制となったゴート・レーシングだが、チームマネージャーを務める元WTCC世界ツーリングカー選手権ドライバーのペペ・オリオラは「これから始まるシーズンにとても興奮している」と続けた。

「僕らのゴート・レーシングは、今後の課題に備えるためにたゆまぬ努力を続けており、彼らがもたらす献身と専門知識はこれ以上ないほどだ。その仕事に心からの敬意を表したい」とオリオラ。

「そしてドゥサン・ボルコヴィッチがステアリングを握ることで、チームとしてはスキルと決意の有望な組み合わせを手に入れることができた。僕らは力を合わせてTCRヨーロッパのシリーズに大きな影響を与えることができるはずだ。彼の才能と我々の団結した努力により、素晴らしい結果を達成できると確信しているよ」

新興GOAT Racing teamを率いる初代TCRサウスアメリカ王者でもあるペペ・オリオラ
チーム創設者ファミリーの出身であるフェリペ・フェルナンデス・ギルとともに、セルビア出身のドゥサン・ボルコヴィッチを起用した2台体制でエントリーする
昨季までヒョンデ陣営としてTCRヨーロッパを戦ってきたTarget Competitionに所属。ポー市街地では勝利も飾った

■次のページへ:リンク&コーの新車を導入


関連のニュース