海外レース他ニュース

2018.03.13

オリベイラ、母国のストックカー・ブラジル開幕戦“レース・オブ・ダブルス”で優勝


 ブラジルの大人気ツーリングカー・シリーズ、SCBストックカー・ブラジルの2018年開幕戦が3月10日に開催され、2年ぶりの開催となるゲスト参加の特別イベント“レース・オブ・ダブルス”に、日本でもおなじみのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラを招待して挑んだ王者ダニエル・セラ組が、見事なコンビネーションで勝利を飾った。

 レギュラー参戦するドライバー1名に対し、各マシンとも国際的に活躍を演じる著名なドライバーを招聘して2名1組のペアを結成。耐久色を加えたレース・オブ・ダブルス戦として争われたSCB開幕インテルラゴスは、週末の練習走行から雨模様となるあいにくのコンディションのなかで開催された。

 今季からSCBのシリーズにフル参戦を表明したルーカス・ディ・グラッシやネルソン・ピケJr.を筆頭に、2014年王者のルーベンス・バリチェロのほか、リカルド・ゾンタ、アントニオ・ピッツォニアらが参戦。加えてゲストにも、元F1経験者のフェリペ・マッサを筆頭にフェリペ・ナッセやジェローム・ダンブロジオ、DTMドイツ・ツーリングカー選手権経験者のアウグスト・ファーフス、ジェイミー・グリーン、ニコ・ミューラー、オリバー・ジャービス、フィリップ・アルバカーキなど、豪華なラインアップが集った。

 その雨混じりのコンディションの合間を縫って、ドライ路面でのセッションとなった予選では、Q1、Q2と速さを見せたセラ/オリベイラ組のユーロファーマRC、29号車が見事にポールポジションを獲得。フロントロウにディ・グラッシ/ファーフス組のHEROモータースポーツ、セカンドロウ3番手にフルタイムスポーツ、バリチェロ/アルバカーキ組、4番手にシムド・レーシングのフェリペ・フラーガ/ニッキー・キャッツバーグ組が続いた。

 迎えた決勝スタート時刻にはトラックに大粒の雨が落ち、ウォーミングアップ走行が赤旗で中断されるほどの雨量に。これにより全車ワンメイク・ピレリのフルウエット指定とされた上で、セーフティカー(SC)先導によるパレードラップでスタートが切られることとなった。

 その数分後にSCがピットレーンへと消えレースが開始されると、スタートドライバーを務めたオリベイラが順当にポジションを確保し1コーナーへ。しかし、2番手を走っていたディ・グラッシのマシンが突如コースを外れるアクシデントに見舞われ、なんとかトラックに復帰したものの急遽のピットイン。そこで長らく過ごした後に、開始早々でレースを終える決断を下すこととなってしまう。

 この状況についてディ・グラッシは「マシンのデフォッガーが機能を停止して、おまけにワイパーまで動かない状況だった。これではまともにコース上の雨量を視認することもできず、少しでも速度域が上がるとすぐにマシンがアクアプレーニングを起こして飛んでいく。こんな些細なトラブルで大事な開幕戦を失うなんて、本当についてない」と説明し、肩を落とした。

フェリペ・マッサ、ルーベンス・バリチェロを筆頭に、開幕戦に参戦した元F1経験者のみのフォトシューティングも
週末は雨絡みのセッションが多く、ときには視界がゼロになるほどのスコールも襲来
今季からSCBへのフル参戦を表明した現フォーミュラE王者のルーカス・ディ・グラッシ(右)
そのディ・グラッシはDTMレギュラーのアウグスト・ファーフスとのペアで挑むも、些細なトラブルで戦線離脱


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

GOODRIDE LADY/2018D1GP
佐伯みゆ(さえきみゆ)

Photo Ranking

フォトランキング