海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.03.29 12:48
更新日: 2018.03.29 12:49

WTCR:ティアゴ・モンテイロが開幕戦参戦を断念。「動体視力だけが完全に回復していない」


海外レース他 | WTCR:ティアゴ・モンテイロが開幕戦参戦を断念。「動体視力だけが完全に回復していない」

 今週に入り、ベルギーのメディアを中心に報じられたティアゴ・モンテイロの怪我の回復状況と開幕参戦可否について、ホンダは事実関係を確認の上でモンテイロのモロッコでのドライブが難しいことを認め、代わってブーツェン・ジニヨン・レーシングは2017年TCRベネルクス王者のベンジャミン・レセンスを起用すると発表した。

 現在41歳のモンテイロは、昨年8月に行われたWTCC世界ツーリングカー選手権向けのテストで、JASモータースポーツのTC1規定車両であるホンダ・シビックWTCCをドライブ中に大クラッシュ。タイトル争いの渦中にあったにもかかわらず、シーズン残り4戦をすべて欠場する決断を下していた。

 しかし今月に入ってから、新たにWTCCとTCRインターナショナルが統合して誕生するWTCRワールド・ツーリングカー・カップ参戦に向け、イタリアのモンツァ、オランダ・ザンドフールトで立て続けにFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRのテストを敢行。怪我からの復帰後初となるレースカーのステアリングを握っていた。

 しかし、そのテストの際にモンテイロ本人は「身体的回復状況を開幕前までに判断する」と言及しており、本人とホンダが協議の結果、回復を優先して参戦を中止。4月初週のモロッコ・ラウンドで、モンテイロがトム・コロネルのチームメイトとしてステアリングを握ることはなくなった。

「これは科学的な根拠に基づいて、肉体の回復にとって最善の方法だと考えての判断なんだ」と説明するモンテイロ。

「体調の方は素晴らしくいい状態まで回復しているけど、それに対して視力の方が追いついてきていない。その結果、コンペティションの世界に戻るには時期尚早だと判断したんだ」

「繰り返すけど、僕の回復は目覚ましいものがあり、医療チームから受けた治療は信じられないほどだけど、この段階でリスクを犯すことはできない。自分に手の届く範囲で可能な限りの手を尽くしたが、動体視力だけがまだ完全に戻ってはいないんだ」

ティアゴ・モンテイロに代わり、WTCR参戦が決まったTCRベネルクス王者のベンジャミン・レセンス
先日のモンツァ、ザンドフールトと、立て続けにテストをこなしたティアゴ・モンテイロだが、動体視力の不安を口にしていた
怪我から復帰後初のテストでは、わずか10周で走行を切り上げ、ジョシュ・ファイルズらにステアリングを譲っていた


関連のニュース

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
犬宮えむ(いぬみやえむ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング