海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.08.21 10:46
更新日: 2019.08.21 10:53

元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロ、2012年以来のフォーミュラレース参戦へ


海外レース他 | 元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロ、2012年以来のフォーミュラレース参戦へ

 元スクーデリア・フェラーリ所属のF1ドライバーであり、F1最多出走記録も保持するルーベンス・バリチェロが、9月にオーストラリア大陸でラウンチの日を迎える新生『S5000』の初年度シーズン開幕戦にエントリー。ひさびさのシングルシーター・カテゴリー挑戦が決まった。

 ブラジル人初の跳ね馬ドライバーであり、最強のナンバー2として活躍したのち、ホンダやブラウンGPにも所属。F1通算11勝を記録しているバリチェロは、9月20〜22日にオーストラリアのサンダウンで開催されるV8エンジン搭載の新生『S5000』シリーズ開幕戦に出走する最初のドライバーとしてアナウンスされた。

 この”オーストラリアの魂”とも言えるV型8気筒自然吸気OHVを搭載する新フォーミュラ・シリーズは、同国最大のツーリングカー選手権であるVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの主催者やエントラントがサポートする新たな選手権となる。

 これまで数年にわたってコンセプトの策定からシリーズラウンチに向けた動きを続けてきたが、幾度かの延期を経て9月に開幕の時を迎えることとなった。

 2018年11月のVASC最終戦ニューキャッスル500の市街地コースにてデモンストレーションランが披露された『Super5000』改め『S5000』のマシンは、フランスのリジェ・オンローク製のワンメイクF3シャシーをベースに採用し、560PSを発生するフォード・コヨーテ”アリミネーター”の呼称を持つ5リッターV8自然吸気エンジンを搭載。「オーストラリア大陸史上、最速のフォーミュラカー」を標榜している。

 このサンダウンでのイベント初挑戦となるバリチェロは、F1時代にメルボルンで5度の表彰台を獲得。現在、母国ブラジルのSCBストックカー・ブラジルに参戦中で、2014年にはシリーズチャンピオンを獲得するなど現役で活躍を続けており、このS5000への参戦は47歳のバリチェロにとって、2012年のインディカー以来のシングルシーター挑戦となる。

オーストラリア大陸にシングルシーター復権を、とのコンセプトで数年に渡って準備が進められてきた『Super5000』改め『S5000』シリーズ
現在、ブラジル国内最大のツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルに参戦中のルーベンス・バリチェロ。2014年にはタイトルも獲得
豪州国内ではVASCにも参戦する古豪GRM(ギャリー・ロジャース・モータースポーツ)が車両メンテを担当


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング