国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.04.03 12:30
更新日: 2017.04.03 12:31

S耐開幕戦:Modulo CIVIC TCRがデビューウイン。グループ1は昨年の王者が貫録勝ち


国内レース他 | S耐開幕戦:Modulo CIVIC TCRがデビューウイン。グループ1は昨年の王者が貫録勝ち

 4月1、2日に2017年のスーパー耐久シリーズがツインリンクもてぎで開催。これまで5時間レースで行われてきたが、今年は200分間の2レース開催に改められた。土曜日に行われたグループ2の決勝では、新設されたST-RクラスのTCR車両、ホンダシビックType Rがデビューウインを飾った。

 スーパー耐久シリーズの開幕戦が、4月1~2日にツインリンクもてぎで開催された。これまで全クラス混走の5時間レースとして、もてぎでは開催されてきたが、今年は2グループに分けて200分間レースとしての開催となった。

 土曜日に行われたグループ2のレースは新設された、TCR車両によるST-Rクラス、ST-1クラス、ST-2クラス、そしてST-5クラスによって争われた。

 ポールポジションを獲得した、31号車Nissoku Porsche 991 GT3 Cupの影山正美がスタートと同時に逃げ続け、ST-1クラスの真骨頂を見せつける。しかし、1分20秒もリードを引き継いだ伊藤勝人が、44周目に痛恨のコースアウト。復帰に2周を要し、トップ争いから脱落してしまう。

 これでトップに立ったのは、ST-Rクラスの98号車Modulo CIVIC TCRの黒澤琢弥/石川京侍/加藤寛規組だった。決勝が始まって間もなく黒澤がスタート違反を犯し、ドライビングスルーペナルティを課せられるも、石川とともに見せた激しい追い上げが実を結ぶこととなった。

トップを争うModulo CIVIC TCRの2台
トップを争うModulo CIVIC TCRの2台

 98号車に迫ったのは、同じModulo CIVIC TCRを駆るチームメイトの伊藤真一/海老澤紳一/中野信治組。最終スティントを担当した加藤は燃費走行を強いられたため、中野の接近を許したものの、逃げ切りに成功。デビュー戦で1-2フィニッシュを果たし、TCR車両の侮りがたい戦闘力をアピールすることとなった。

51号車Diamango BMW Z4
51号車Diamango BMW Z4

 総合3位はST-1クラスの51号車Diamango BMW Z4を駆る、細川慎弥/池田大佑/石原将光組が獲得し、初めてのクラス優勝を果たす。

20号車RSオガワADVANランサー
20号車RSオガワADVANランサー

 続く総合4位はST-2クラスのRSオガワADVANランサーを駆る、20号車の下垣和也/松本武士/近藤説秀組が獲得。久々のクラス優勝を飾っている。そして、ST-5クラスではヒロボン/寺西玲央/高橋宏明組の700号車J’S RACINGホンダカーズ浜松北ダークみきゃんFITが初戦を制覇した。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
南まりあ(みなみまりあ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング