国内レース他 ニュース

2018.02.20

MAX RacingがレクサスRC F GT3でS耐参戦。有力ドライバー&つちやメンテの強力体制で挑む


国内レース他 | MAX RacingがレクサスRC F GT3でS耐参戦。有力ドライバー&つちやメンテの強力体制で挑む

 2018年に新たに結成されたMAX Racingは2月20日、ピレリ・スーパー耐久シリーズにレクサスRC F GT3でST-Xクラスに参戦すると発表した。

 スーパーGTでは2017年に2勝を飾ったレクサスRC F GT3が、いよいよスーパー耐久にも登場することになった。チームは、今季新たに結成されたMAX Racing。ドライバーを務めるのは、Go MAX、田中哲也、そして佐藤公哉という速さと経験をあわせもつ3人だ。

 スーパー耐久ST-Xでは、いわゆるジェントルマンドライバーがAドライバーにならなければならず、Go MAXがその任を務めることになるが、参戦していたポルシェカレラカップでは速さをみせてきただけに、強力なラインアップと言えるだろう。

 そして、チーム体制も強力だ。スーパーGT300クラスで2016年にチャンピオンを獲得した、つちやエンジニアリングがRC F GT3をメンテナンス。代表である土屋武士がチーフエンジニアとしてRC F GT3に携わることになる。

「今年からAドライバーのGo MAXさんをチームオーナーとする新チーム『MAX Racing』からST-Xクラスに参戦することになります。ゼロからのスタートですが、体制的には完璧で、名門つちやエンジニアリングがメンテナンスを行い、激戦のST-Xクラスで参戦初年度からチャンピオン獲得を目標に頑張ります」と語るのは、ドライバー代表の田中哲也。

「2018年から始まる新しいチャレンジを、チーム一丸となり素晴らしいものにして、最強で最高のチームを目指します」

 また、天野定宣監督も「スーパー耐久シリーズ参戦初年度になりますが、つちやエンジニアリングというマシンメンテナンス&チームサポートとしては最高なメンバーとタッグ組み、シリーズを戦います」とコメントしている。

「耐久レースでは、チームの総合力が重要となります。チームオーナー兼ドライバーのGo MAX選手をはじめ、経験豊富な田中哲也選手、若手の佐藤公哉選手とチーム一丸となり、シリーズチャンピオンを目標に戦って参ります。シーズン通して上位争いに加わり、お客様がエキサイトできるレースができればと思っております」

 車両のポテンシャル、ドライバー、チーム体制と初年度ながら強力な存在なのは間違いなさそう。チームは初年度からの優勝、王座獲得を狙っていくとしている。

MAX Racing 2018年スーパー耐久参戦体制
チーム名:MAX Racing
カーナンバー:244
参戦クラス:ST-X
マシン:レクサスRC F GT3
Aドライバー:Go MAX
Bドライバー:田中哲也
Cドライバー:佐藤公哉
チーム監督:天野定宣
メンテナンスガレージ:つちやエンジニアリング
チーフエンジニア:土屋武士

MAX RacingのレクサスRC F GT3


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング