国内レース他 ニュース

投稿日: 2019.03.26 11:13

86/BRZ第1戦:2019年シーズン開幕戦鈴鹿は全クラスで初ウイナー。プロクラスは“痛車”が制す


国内レース他 | 86/BRZ第1戦:2019年シーズン開幕戦鈴鹿は全クラスで初ウイナー。プロクラスは“痛車”が制す

 鈴鹿サーキットで幕を開けた、2019年のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレース。プロフェッショナルシリーズでは松本武士(T和歌山OGAWA 86 DL)が優勝し、そしてクラスが二分化されたクラブマンシリーズではEXPERTクラスを水野大(GRG新大阪86デルタ&ピース)が、OPENクラスを湯川祐太朗(C名古屋GRガレージ86)が制し、3クラスともに初優勝が飾られている。

 プロドライバーが参戦するプロフェッショナルシリーズとアマチュア主体のクラブマンシリーズのふたつで構成されている86/BRZレースは、2019年からクラブマンシリーズに2クラス制を導入。EXPERTクラスとOPENクラスに分けられることになった。

 土曜日のうちに予選、決勝が行われたOPENクラスでは、岡田整(AGIC MAXORIDO 86)がポールポジションを奪い、決勝でもスタートを決めるも、後続を振り切るまでに至らず。早めの勝負に討って出た石塚弘晃(トヨタカローラ三重86)が、2周目のシケインでトップに躍り出る。だが、石塚には駆動系のトラブルが発生。3周目のダンロップコーナー脇でマシンを止めた。

 これで岡田がトップに返り咲くも、続いて襲いかかってきたのが予選4番手だった湯川。「岡田さんはフラフラしていたし、得意なコーナーだったので」と4周目のダンロップコーナーでインを刺し、トップに浮上してからは、湯川がそのまま逃げていった。

クラブマンシリーズ・オープンクラスを制した湯川祐太朗(C名古屋GRガレージ86)
クラブマンシリーズ・オープンクラスを制した湯川祐太朗(C名古屋GRガレージ86)

 一方、岡田にはなおも後続が迫り、最終ラップのシケインで堪えきれずに4番手に後退。うち1台はショートカットのペナルティで降格となり、岡田は志賀俊方(c.s.i GR水戸北インター86)に次ぐ3位となったが、表彰台には上がれなかった。

 EXPERTクラスでは水野がポールポジションを獲得。だが、神谷裕幸(N中部GRGミッドレス86)が僅差で続き、また昨年の最終戦を制した、大島和也(Team MDI/P京都WM 86)が3番手につけており、決勝も接戦となるものと思われた。

 スタートを決めたのは神谷で、1コーナーには水野を従え、トップで飛び込んでいく。その直後に大島が追突されて、あえなくリタイアとなったのは予想外ではあったが……。

 S字でもアクシデントが発生したこともあり、セーフティカーランが2周にわたって実施。トップを争うふたりはリスタートも完璧に決め、水野は神谷に食らいついて離れず。だが、5周目のシケインで神谷に痛恨のシフトミス。この隙を逃さず、ストレートで前に出た水野は、なおも続いた神谷との攻防を最後までしのいで、嬉しい初優勝を飾ることとなった。

「今まで4位が最上位で、寸止めばかりだったんです。スタートが今イチだったし、展開に恵まれました。SCが出なければ、多分厳しかったでしょう。次からは単独で逃げられるように」と水野。

■プロフェッショナルシリーズは予選赤旗で波乱


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング