F1ニュース

2017.08.03

松下信治、初のF1テストに驚き「グリップがあり得ないくらい高い。世界が広がった」


 松下信治がついに初めてF1をドライブする日がやって来た。マクラーレンのシミュレーターには散々乗って開発に貢献してきたが、実車は初めて。それも速さを増した最新の2017年型マシンだ。 

「緊張は無かったですね、それよりもワクワクして楽しみだっていう気分。ようやく(F1に)乗れるっていう気持ちの方が強かった」

 事前にヒンビルのファクトリーを2日間にわたって訪れ、シート合わせとシミュレーターで準備をしてきた。テスト前日はグスタフ・マリヤの走行を見学し、23時までみっちりとミーティングをしてテストに臨んだ。

ザウバーC36に乗り込む松下信治

 朝9時のセッション開始と同時にコースインした松下は、チームのプログラムに沿って一定速度走行による気流センサーでのデータ収集を繰り返す。それが10時まで続き、松下は一旦マシンを降りてメカニックがセンサーを取り外し、10時45分からいよいよ本格的な走行開始となった。

 まずは中古のスーパーソフトで8周。燃料も重めに積んでの習熟走行だ。しかし松下はF1マシンのグリップの高さに驚いていた。

「とにかくF1マシンはダウンフォースが強くてクルマが安定していて、あのグリップ感の高さと走りやすいのにはビックリしました。(グリップが高いので)縁石も全然使えるし、グリップがあり得ないくらい高かった。それが一番の驚きでした」

 そしてソフトタイヤでロングランを開始したところで松下はミスを犯してしまった。得意のブレーキングを奥へと詰めて攻め始めたところ、オーバースピードでターン5に飛び込んでしまいスピンを喫してしまった。

「1回目のランでいきなりプッシュしてすごく良いレベルまで行けたんです。『すごいブレーキングだな』って言われて調子に乗って、ターン5でバーンと攻めていったらスピンして。クラッシュするかと思ったけど大丈夫でした」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KT Honey/2018SGT
山下莉果(やましたりか)

Photo Ranking

フォトランキング