F1 ニュース

2017.10.21

ベッテルのマシンにトラブル。フェラーリ、問題特定できず“予防的措置”でシャシーを交換/F1アメリカGP


F1 | ベッテルのマシンにトラブル。フェラーリ、問題特定できず“予防的措置”でシャシーを交換/F1アメリカGP

 F1アメリカGP金曜、セバスチャン・ベッテルがマシンの異常を訴えた後、フェラーリは予防的措置で土曜の走行に向けてシャシーを交換することを決めた。

 ベッテルは金曜のプラクティス2でスピンし、コースアウトを喫した。その後、コースに復帰したベッテルだが、フロントアクスルの感触がおかしいと訴え、ピットに戻った。しかしメカニックが調べた結果、問題を特定することができなかったため、フェラーリは安全を考慮し、シャシーを交換することを決めた。

 フェラーリは「FIAの許可の下、週末の残りに向けて予防的理由からシャシーを交換する」と説明した。マシンはFP3の前に車検を受けなければならない。

2017年F1第17戦アメリカGP金曜 フェラーリ、ベッテルのシャシー交換を決断

 ベッテルはFP1では2位、FP2ではわずか11周の走行のなかで3位タイムを記録した。

「午後は難しい展開になり、楽なセッションではなかった。でもマシン自体は速いから、それほど心配する必要はない」とベッテル。
 
「走った唯一のラップはウルトラソフトでの走行だった。その前にミスを犯した。リスクを取りすぎて、かなり早い段階でプッシュしてしまった。路面がとても滑りやすく、ブレーキングでリヤのコントロールを失った。それによってタイヤを1セット無駄にした」
 
「セッション終盤にはマシンに異常を感じた。何度かチェックして、今は、何か発見できないか、マシンを調べているところだ。明日はリズムを見つけて、すべてのことをきちんと行う必要がある」とベッテルはセッション終了直後にコメントしている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング