F1 ニュース

投稿日: 2018.07.04 20:27
更新日: 2018.07.04 21:14

マクラーレンのレーシングディレクター、ブーリエが辞職。ド・フェランが新設スポーティングディレクターに


F1 | マクラーレンのレーシングディレクター、ブーリエが辞職。ド・フェランが新設スポーティングディレクターに

 マクラーレンは4日、レーシングディレクターのエリック・ブーリエが辞職したことを明らかにし、上層部の体制変更を行うことを発表した。

 マクラーレン・レーシングのチーフエグゼクティブ、ザック・ブラウンが、3日付けでブーリエの辞職を受理したということだ。さらに技術部門の改変についても発表された。マクラーレン・レーシングのCOO、サイモン・ロバーツが製造、エンジニアリング、ロジスティクスの監督を行い、アンドレア・ステラがパフォーマンスディレクターとして、トラックサイドオペレーションの責任を担う。ジル・ド・フェランは新設されたスポーティングディレクターのポジションに就くことが決まった。

 これらの変更は、「マクラーレンの技術的リーダーシップにポジティブな変更を施す包括的プログラムのスタート」であるとチームは述べ、マクラーレン・レーシングをグリッドの先頭に戻すため、最高の才能を持つ人材を維持し、呼び込むために投資していくということだ。

 今季、期待したようなパフォーマンスを示せずにいるなか、マクラーレンの従業員が不満を募らせているという報道がなされ、最近ではブーリエ離脱のうわさがささやかれていた。

 ド・フェランは今年5月に非公式コンサルタントとしてマクラーレンと契約したばかり。マクラーレンで4年半を過ごしたブーリエは、チーフテクニカルオフィサーのティム・ゴスに続く形でチームを去ることになった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング