F1 ニュース

2018.09.16

F1シンガポールGP決勝:ハミルトン完勝でベッテルとの差をさらにリード、トロロッソ・ホンダは苦戦


F1 | F1シンガポールGP決勝:ハミルトン完勝でベッテルとの差をさらにリード、トロロッソ・ホンダは苦戦

 9月16日現地時間午後8時10分、シンガポールGP決勝のスタートしメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを飾った。

 金曜から一度も雨が降ることもないままドライコンディションの決勝となり、気温は29度、路面温度は34度。湿度が65%と土曜までに較べると高く、ジメジメとした暑さを感じる。

 グリッド降格ペナルティはなく予選結果のままのグリッド順で、Q3に進んだ上位10台は全てハイパーソフトタイヤ、11番手以下はほぼ全車がウルトラソフトタイヤでトロロッソ・ホンダ勢だけがハイパーソフト、最後尾のランス・ストロール(ウイリアムズ)だけがソフトタイヤでスタートする。

 タイヤのオーバーヒートとデグラデーションが懸念されるだけに、極めてゆっくりとしたフォーメーションラップを経て各車がグリッドにつきスタートが切られた。

 ポールポジションのハミルトンは好発進でホールショットを奪い、スタート加速で3番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に並びかけていくが、接触が多いベッテルだけにここは一旦引き、バックストレートでフェルスタッペンをオーバーテイクする。

2018年F1第15戦シンガポールGP決勝 フォース・インディアの同士討ちによりエステバン・オコンがリタイア

2018年F1第15戦シンガポールGP決勝 フォース・インディアの同士討ちによりエステバン・オコンがリタイア

 ターン3の立ち上がりではアウトから加速して行ったフォース・インディアのエステバン・オコンがチームメイトのセルジオ・ペレスと接触し、弾き飛ばされてウォールにヒット。これでセーフティカーが導入される。

 レースは5周目に再開。ハミルトンは絶妙なリスタートで2番手ベッテルを寄せ付けず、3番手フェルスタッペンも4番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)に対してポジションを守りながら、5番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、6番手ダニエル・リカルド(レッドブル)と続く。

 中団トップは7番手ペレス、8番手ロマン・グロージャン(ハース)、9番手フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ルノー勢の後ろ12番手にピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)と続く。セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)は早々にピットインしてソフトタイヤに履き替え、最後まで走り切る戦略に出た。

 オーバーテイクが難しいサーキットだけに、ここからは各車とも膠着状態に入る。どのマシンも前走車とのギャップを一定以上に保ち、ダウンフォースをしっかりと確保してタイヤを労っているせいでもある。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング