F1 ニュース

投稿日: 2018.11.28 14:33

フェルスタッペン、「本気のバトルができなくて残念」とF1を去るアロンソとの別れを惜しむ


F1 | フェルスタッペン、「本気のバトルができなくて残念」とF1を去るアロンソとの別れを惜しむ

 フェルナンド・アロンソがF1との別れを準備するなか、マックス・フェルスタッペンは彼が去ることでこの先ずっと後悔することがひとつあると話している。

 フェルスタッペンとアロンソは過去数年の間、F1における年齢層と競争の勢力図の両方で対極にあった。

 2015年以来、フェルスタッペンは5度の優勝を飾っている。一方のアロンソはF1の中団グループから脱出できず、キャリアを通じて獲得した32勝に新たな勝利を追加できる希望もなかった。

「彼と本気のレースができなかったことが残念だ」とフェルスタッペンは言った。

「もちろん自分がいる間に彼もF1にいたが、チームの抱える問題のせいで常に後方にいたため、実際に彼とバトルすることはなかった」

「そのことを残念に思っている。セバスチャン(・ベッテル)やルイス(・ハミルトン)とはすでにバトルをしてきて、それは素晴らしかった」

「けれど、フェルナンドとはなかった。振り返るとテレビで彼を見ていたころ、彼はいつも彼らと戦っていたひとりだったのに。彼とレースができて良かったが、勝負を挑むことはなかった。残念なことだ」

 しかしながらパドックの多くの関係者によると、これがフェルナンド・アロンソのF1における最後ではないという可能性もある。したがってフェルスタッペンは、彼が切望していた激しいホイール・トゥ・ホイールの接戦をいつかできるかもしれない。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GAINERsucre
神崎美羽(かんざきみう)

F1 Photo Ranking

フォトランキング