レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2018.12.21 18:09

ロンドン市長、市街地コースでのF1開催に前向きな意見。ロス・ブラウンは慎重姿勢

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ロンドン市長、市街地コースでのF1開催に前向きな意見。ロス・ブラウンは慎重姿勢

 ロンドン市街地でのF1グランプリ開催の可能性は、現市長のサディク・カーンが肯定的な意見を述べたことで、後押しされるかたちとなった。今週、市長執務室の広報担当者は以下のように述べている。

「市長は将来ロンドンでレースを開催することは可能だと考えており、彼のチームに対し、F1側と選択肢を調査するよう依頼した」

「ロンドンは世界でも最大で最高のスポーツイベント開催に常に前向きだ。UEFAユーロ2020の決勝から、NFL、クリケット・ワールドカップ、そしてメジャーリーグ野球の開催地となっている」

 ロンドンは市街地サーキットの候補会場として近年しばしば取りざたされてきたが、ウエストミンスターやグリーン・パーク、バッキンガム宮殿周辺でこのようなイベントを開催する計画は、物流面で数多くの障壁に阻まれてきた。

 しかしながらF1のオーナーであるリバティ・メディアは、カレンダーにより多くの市街地レースを追加することに力を入れており、将来的にロンドンでF1レースが開催される可能性は再び高まってきている。

 ベトナムのハノイでは、2020年に市街地でF1を開催する予定となっている。またリバティは、アメリカにおける第二のグランプリをフロリダ州南東部のマイアミ市街地で開催することを今も望んでいる。昨年リバティは、ロンドンのトラファルガー広場でのF1ライブイベントを成功させている。

 しかし、F1のモータースポーツ担当ディレクターを務めるロス・ブラウンは、イギリスの首都中心部でのフルレースの提案について現状では冷静な姿勢を保っており、イベント開催はロンドン市外の方がより実現性が高いだろうとした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

HOPPY team TSUCHIYAアンバサダー
岡島彩花(おかじまあやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング