レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.09.29 11:08
更新日: 2016.09.29 11:12

2017年F1新規則:ウエットでもスタンディングスタートに。序盤戦はタイヤの自由選択は不可

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | 2017年F1新規則:ウエットでもスタンディングスタートに。序盤戦はタイヤの自由選択は不可

 FIAが2017年F1レギュレーションにおけるいくつかの変更を承認、ウエットコンディションでのセーフティカー先導後のスタートがスタンディング方式に変更されることになった。

 世界モータースポーツ評議会会合が28日に開催され、2017年F1レギュレーションにいくつか変更がなされることが承認された。
 この日、来季F1暫定カレンダーや、パワーユニットのエレメント大量交換によるペナルティ回避をブロックする規則が発表されたが、その他にもいくつかの変更が明らかになっている。

 そのひとつが、ウエットコンディション下のスタートに関するもの。現在はウエットのためセーフティカースタートとなった場合、セーフティカーが戻った後、各車はそのまま走り続けてスタートを切るが、これを変更し、セーフティカー先導の下で走行した後、グリッドにつき、通常どおりのスタートを切ることとなった。

 FIAの声明には以下のように記されている。
「ウエット天候でのスタートの手順が承認された。2017年から、ウエット天候のため、レーススタートにセーフティカー出動が必要とみなされる場合、コースが安全にレースができる状態であるとの判断が下された後は、通常のスタンディングスタートが行われる」
「セーフティカーがピットレーンに戻った後、全車がグリッドにつき、スタートが行われる」

 今年イギリスGPにおいて、序盤のセーフティカーラップが5周におよび、一部ドライバーから、もっと早くセーフティカーが戻るべきだったと批判が出ており、7月にF1ストラテジーグループで、ウエット時のスタンディングスタート採用に関し、合意がなされていた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース