F1 ニュース

投稿日: 2022.01.20 14:06
更新日: 2022.01.20 14:20

5月のF1マイアミGP初開催に向け、マイアミ・インターナショナル・オートドロームの建設作業が進行中


F1 | 5月のF1マイアミGP初開催に向け、マイアミ・インターナショナル・オートドロームの建設作業が進行中

 2022年5月のF1マイアミGP初開催に向け、現地ではすべての準備を整えるための建設作業が続いている。

 地元主催者は、マイアミ・インターナショナル・オートドロームの空撮画像をソーシャルメディアに投稿した。アメリカ・フロリダ州のマイアミガーデンズ市で、現在建設作業が進行中だ。

 完成すれば全長5.410km、19カ所の手ごわいコーナーを備えるサーキットになる。5月6〜8日に初めて開催されるマイアミGPでは、57周のレースが予定されている。

 2022年よりメルセデスに加わったジョージ・ラッセルは、昨年10月に現地を訪れる機会があった。またFIAレースディレクターのマイケル・マシも現地入りし、マイアミが“適切なサーキット”であり、1980年代にラスベガスのシーザーズ・パレス・ホテル-カジノの駐車場で行われたレースとはかけ離れたものだと明言した。

 建設作業は、一部エリアがマイアミ・ドルフィンズのハードロックスタジアムを含んでいるため、NFLシーズンを避けて行う必要があったが、あと3カ月半弱で開催されるF1のショーに間に合うよう、完全にスケジュール通りに進んでいると報じられている。

2022年5月のF1マイアミGP初開催に向け、建設作業が進むマイアミ・インターナショナル・オートドローム
2022年5月のF1マイアミGP初開催に向け、建設作業が進むマイアミ・インターナショナル・オートドローム


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース