F1 ニュース

投稿日: 2017.01.18 06:20
更新日: 2017.01.18 06:23

元王者ビルヌーブが現代のF1ドライバーを批判「ライバルへの敬意がない」


F1 | 元王者ビルヌーブが現代のF1ドライバーを批判「ライバルへの敬意がない」

 1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ビルヌーブは、現代のドライバーたちにはライバルに対する敬意が欠けていると考えている。

 ビルヌーブはハイテク化されたF1をテレビゲームに例え、安全性の向上がレースにおけるドライビングに悪影響を与えてしまったと語った。

 現代のF1と、彼の父であるジルがレースを行った時代のF1とを比較したビルヌーブは「(ジルの時代には)マシンが危険でオーバーテイクも困難だったため、ドライバーの間には今よりもずっと敬意があった」と述べた。 

「クリーンかつ敬意に満ちていたし、接触してもそれはミスだった」

「今はまるでテレビゲームのようさ。ドライバーたちは自分たちがゲームのなかにいると思っているんだ」

「そこに敬意はない。彼らの辞書に敬意という言葉はないんだよ」

「何をしてもいいのさ。ケガしないからね」

 ビルヌーブは、F1のボスがファンの声を聞くようになってから凋落の一途をたどり始めたと考えている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング