レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2024.03.18 18:40
更新日: 2024.06.10 03:21

WRCとパリ・ダカールラリー日本人初の優勝者、篠塚建次郎氏が逝去。享年75

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ラリー/WRC | WRCとパリ・ダカールラリー日本人初の優勝者、篠塚建次郎氏が逝去。享年75

 日本人として初めてWRC世界ラリー選手権で総合優勝を果たしたラリードライバーの篠塚建次郎が、2024年3月18日に亡くなった。75歳だった。

 1948年、東京都大田区に生を受けた篠塚は、東海大学でラリー競技を開始し、4年後の1971年に三菱自動車に入社。社員ドライバーとしてラリー競技に参戦すると、同年から全日本ラリー選手権で2連覇を飾り1974年には海外ラリーに進出した。

 1986年、パリ・ダカールラリー(通称パリダカ/現ダカールラリー)に初出場した篠塚は、1991年にWRCアイボリーコースト・ラリー(コートジボワール)で『ミツビシ・ギャランVR-4』を駆り、日本人ドライバー初のWRC総合優勝を達成。翌年の同イベントでも勝利を飾り大会2連覇を達成する。

 一方、三菱ワークスチームの『ミツビシ・パジェロ』での参戦となったパリダカでは、2年目の1987年に総合3位、翌88年に総合2位となる。その後も毎年のように6位以内に入るも頂点にあと一歩届かずにいたが、初参戦から12年目の1997年、ついに総合優勝を果たしWRCに続き日本人ドライバー初の快挙を成し遂げた。総合3位となった2002年を最後にミツビシを離れ、2003~05年はニッサンワークスの一員として参戦。2007年までニッサン車でダカールラリーに挑み続けた。

 ダカールラリーが情勢不安の影響でアフリカの地を離れてからは、母校の東海大学でソーラーカーレースに挑戦する学生をサポート。4度の総合優勝に導いた。また自身も2015年にAXCRアジアクロスカントリーラリーに参戦し、『スズキ・ジムニー』で総合2位/クラス優勝を飾った。翌2016年も同ラリーでクラス優勝を果たした篠塚は、2018年に自身11年ぶりとなるアフリカへ。モナコからセネガルの首都ダカールを目指すアフリカ・エコレースに参戦し、齢70にしてクラス2位/総合34位で完走を果たし健在ぶりを示した。

 モータースポーツの発展に寄与した日本人初の国際ラリー総合優勝者として、日本自動車殿堂の2022年殿堂者となった同氏は、その後もクロスカントリーラリーやクラシックラリーなどで精力的な活動を継続し2025年のアフリカ・エコレース参戦に向けて準備を進めていたが、帰らぬ人となった。



関連のニュース