MotoGP ニュース

投稿日: 2018.11.16 22:45
更新日: 2018.11.16 22:48

MotoGP:2019年の暫定エントリーリストが発表。7人の日本人がフル参戦


MotoGP | MotoGP:2019年の暫定エントリーリストが発表。7人の日本人がフル参戦

 11月16日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2019年シーズンの世界グランプリシリーズ各クラスの暫定エントリーリストを発表した。

 MotoGPクラスには11チーム22名、Moto2クラスには18チーム32名、Moto3チームには16チーム29名がエントリーを承認されている。

 MotoGPクラスの参戦するマニュファクチャラーは、マークVDSが最高峰クラスに参戦しないことからホンダは2018年から2台減り4台となる。

 ヤマハはテック3が抜けるがペトロナス・ヤマハ・SRTがヤマハのサテライトチームとなるために台数は4台と変わらない。

 ヤマハを去るテック3はKTMに移籍するためKTMは4台。ペトロナス・ヤマハ・SRTがアンヘル・ニエト・チームを引き継ぐためドゥカティは2台減り6台となる。スズキとアプリリアはワークスチームのみの各2台だ。

 ライダーはホルヘ・ロレンソがドゥカティからレプソル・ホンダに移籍。ダニロ・ペトルッチがドゥカティのファクトリーチームに収まり、2018年Moto2王者のフランセスコ・バニャイアがアルマ・プラマック・レーシングにステップアップする。

 アンドレア・イアンノーネがスズキからアプリリアに移籍し、空いたシートにジョアン・ミルがMoto2からステップアップ。

 ヨハン・ザルコがKTMのファクトリーに移籍。ミゲール・オリベイラはテック3からKTMを駆る。新設のペトロナス・ヤマハ・SRTにはファビオ・クアルタラロとフランコ・モルビデリのラインアップだ。

 日本人ライダーの中上貴晶はLCRホンダ・イデミツから来年も参戦する。マーベリック・ビニャーレスはゼッケンを25から12に変更するようだ。

 Moto2クラスは長島哲太がストップ・アンド・ゴー(SAG)レーシングチームから参戦する。

 また、2019年からエンジンサプライヤーがホンダからイギリスのバイクメーカー、トライアンフに変更となる。トライアンフの765ccエンジンを使用した選手権が他にないことから、2019年はワイルドカードでのエントリーが利用できなくなった。

 Moto3クラスの日本勢は5人で、今年と同じく鈴木竜生、佐々木歩夢、鳥羽海渡、真崎一輝が参戦するほか、今季ワイルドカードで参戦した小椋藍がホンダ・チーム・アジアからフル参戦する。

 以下が2019年の暫定エントリーリスト。


本日のレースクイーン

KT Honey
小嶋みやび(こじまみやび)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング