クルマ ニュース

投稿日: 2019.08.29 05:13
更新日: 2019.08.29 12:58

『BMW M5』の誕生35周年を記念した特別限定車が、10台限りで日本上陸


クルマ | 『BMW M5』の誕生35周年を記念した特別限定車が、10台限りで日本上陸

 世界のスポーツサルーンにとってベンチマークとして君臨する『BMW M5』の初代誕生から35周年を迎えることを記念し、現行の7代目モデルをベースとした特別限定車『BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ・エディション)』が世界限定350台、日本には10台限定で上陸。8月23日より発売が開始されている。

 1985年に初登場した『BMW M5』は、ミドルクラスのサルーンとして常識を覆す走行性能を持ち、それ以降、世界のスポーツサルーンのお手本として進化を続けてきた。その最新バージョンとして2019年には『BMW M5 Competition(コンペティション)』も追加されるなど、サーキットにおける卓越した走行性能を追求する哲学を継承しつつ、ラグジュアリー・スポーツセダンとしての機能性も高めてきた。

 その『BMW M5 Competition』をベースとした今回の特別限定車は、最高出力625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800~5860rpmを発生する4.4リッターのV型8気筒ツインターボを搭載。0-100km/h加速は3.3秒を誇っている。

 その強力なアウトプットに合わせて、Mモデル専用4輪駆動システムM xDriveや、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッションを採用し、高性能エンジンのパワーを最大限引き出している。

 デザイン面でも、Mモデルの象徴であるダブルバー・キドニー・グリルやリヤスポイラー、ミラーキャップ、サイド・ギルやMスポーツ・エキゾーストシステムをブラックで統一し、よりアグレッシブなデザインを採用する。

最高出力625PS/6000rpm、最大トルク750Nm/1800~5860rpmを発生する4.4リッターのV型8気筒ツインターボを搭載
インテリアトリムにはより耐久性の高いアルマイト加工が施され、淡いゴールドのアルミトリムを採用


本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
井澤萌夏(いざわもえか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング