レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2018.03.08 07:04
更新日: 2018.03.08 15:29

リカルド&レッドブルが速さと信頼性示す。アロンソ、エンジン交換で走行時間を失う/F1テスト2回目デイ2

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | リカルド&レッドブルが速さと信頼性示す。アロンソ、エンジン交換で走行時間を失う/F1テスト2回目デイ2

 第2回F1プレシーズンテストの2日目、快晴のスペイン・バルセロナで全10チームが走行を行い、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが全体のトップタイムを記録した。

 リカルドは初めてハイパーソフトを使い、非公式ながらトラックレコードを更新する1分18秒047を記録し、昼過ぎにトップに立った。大部分のドライバーが午後はレースシミュレーションに集中したこともあり、このタイムがこの日の全14人中の最速となった。リカルドは165周と、スペインGPのレースディスタンスの2倍以上にあたる距離を走行、周回数でもドライバー別の最多を記録した。

 メルセデスからは午前にルイス・ハミルトン、午後にバルテリ・ボッタスが登場、ともにウルトラソフトタイヤで2位、3位に並んだ。ハミルトンは90周を走り1分18秒400、ボッタスは85周のなかで1分18秒560のタイムを出している。

ルイス・ハミルトン/メルセデス


関連のニュース