F1 ニュース

2018.03.17

マクラーレンF1、ハロへの揶揄を利用しスポンサーを獲得。ビーチサンダルブランドとタイアップ


F1 | マクラーレンF1、ハロへの揶揄を利用しスポンサーを獲得。ビーチサンダルブランドとタイアップ

 マクラーレンは、ビーチサンダルで有名なブランド、ガンディーズと契約、2018年F1開幕戦オーストラリアGPでそのロゴをハロに示すことを発表した。

 ロンドンをベースにしたガンディーズはカラフルなデザインのビーチサンダルが人気のブランド。順調に売り上げを伸ばす一方で、ガンディーズの代表、ロブ・フォーカンとポール・フォーカンの兄弟は、2004年のスマトラ島沖地震の津波で両親を亡くしたことから、孤児に対する支援活動にも積極的に取り組んでいる。

 マクラーレンは今回の契約により、オーストラリアGPにおいて2台のマシンのハロにガンディーズのロゴを表示することを明らかにした。F1では2018年からコクピット保護デバイス、ハロの装着を義務づけた。安全性向上に貢献するデバイスだが、これを装着することでマシンの外観が損なわれるとの批判も多く、ビーチサンダルのようなルックスであると揶揄する声もある。

 これを利用する形で、マクラーレンはビーチサンダルブランドのガンディーズと提携、“MCL33ハロバージョン”のビーチサンダルも売り出すことを決めた。

 マクラーレンは今回の発表に際し、「2018年に初登場したハロはしばしばビーチサンダルの上部デザインと比較されている。ガンディーズはそのハロの独特な形状を利用する初めてのブランドになる」と述べている。

“ハロバージョン”ビーチサンダルによる利益の100パーセントが、ガンディーズが支援する、恵まれない子どもたちのための基金Orphans For Orphansに寄付される。

マクラーレンとガンディーズの提携により発売される“MCL33ハロバージョン”のビーチサンダル

 商品は以下のサイトで発売される。
 http://www.gandyslondon.com/
 http://www.mclarenstore.com/


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング