F1ニュース

2018.07.11

レッドブル、“進歩のない”ルノーに強い不満を示す「ホンダはこれから大きく改善するはず」


 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPで、自分たちが搭載するルノーのパワーユニットとフェラーリやメルセデスとの差を目の当たりにして、ショックを受けたと述べた。

 フェルスタッペンは最終的にブレーキ関係のトラブルでリタイアするまで、上位を走っていた。しかしフェラーリやメルセデスのマシンとはストレートスピードが違いすぎて勝負にならなかったと、ホーナーは言う。

「(決勝中)防御するにしても攻撃するにしても、まるで戦えない状態だった」とホーナー。

「リスタートでキミ(・ライコネン)と戦った時の状況を見れば分かる。我々は予選モードで走っていたが、キミとの間には大きな差があった」

「マックスがキミを抑えるのがどれだけ大変だったことか。彼らのリスタート時のスピードはあり得ないようなものだった」

 フェルスタッペン自身も、馬力が違いすぎて、同じカテゴリーのマシンには思えなかったとまで語っている。

「70馬力か80馬力劣っていると苦戦するのは当たり前だ。ストレートではまるで違うカテゴリーのマシンのようだった」とフェルスタッペンは言う。

「正確な数値は分からないけど、ストレートで1秒失っていた。それだけロスが大きかったということだ」

 まるで自分がF2マシンで走っているように感じたかと聞かれると、フェルスタッペンは「そのとおり!」と答えた。

 ダニエル・リカルドは、終盤、ロングスティントを走るメルセデスのバルテリ・ボッタスとの差を縮めていたものの、追い抜くにはいたらなかった。

「彼(リカルド)は、タイヤでは有利でグリップもパフォーマンスもよかったにもかかわらず、バルテリにアタックできなかった」とホーナーは嘆く。

「DRSを使っても遅れていったんだ」

「今のシルバーストンの問題は、全開率が極めて高いことだ。予選では82パーセントをフルスロットルで走る」

「そのためにパワーの重要性が著しく増している。予選ではすべてのコーナーで我々の方がセバスチャン(・ベッテル)より速かった。だが稼いだタイムをストレートですべて失っている」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM VERTEX RQ/2018D1GP
山崎智花(やまさきともか)

Photo Ranking

フォトランキング