F1 ニュース

2018.09.05

マクラーレンF1が技術部門を強化。エンジニアリングディレクターとしてパット・フライが復帰


F1 | マクラーレンF1が技術部門を強化。エンジニアリングディレクターとしてパット・フライが復帰

 マクラーレンF1チームは、以前エンジニアリング部門のボスを務めていたパット・フライがチームに復帰し、エンジニアリングディレクターを務めることを発表した。

 フライは1993年から2010年までマクラーレンに所属していたが、フェラーリに移籍、副テクニカルディレクターを務めた。2014年の組織再編に伴いフェラーリを離脱した後、マノーでエンジニアリングコンサルタントの役割を担ったものの、同チームは2016年末でF1から撤退した。

 低迷が続くマクラーレンは2018年、上層部の体制変更を行っており、チーフテクニカルオフィサーのティム・ゴス、エンジニアリングディレクターであるマット・モリス、レーシングディレクターのエリック・ブーリエらが離脱した。現在はマクラーレン・レーシングCOOサイモン・ロバーツ、パフォーマンスディレクターのアンドレア・ステラ、スポーティングディレクターのジル・ド・フェランによる新体制が形成され、7月にはトロロッソでテクニカルディレクターを務めたジェームズ・キーと契約したことをチームは発表している。ただし、キーとレッドブルとの契約上の問題が解決しておらず、加入時期は明らかになっていない。

 マクラーレンは4日、フライの復帰を発表。「マクラーレンは本日、パット・フライがエンジニアリングディレクターとしてチームに復帰することを発表する」とSNSを通して声明を出した。Crash.netによると、フライは即時チームに加入するということだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング