F1 ニュース

2018.09.09

ウォルフ、オコンがF1シートを失いかねない現状を嘆く。「能力ある若者にとって残念な状況」


F1 | ウォルフ、オコンがF1シートを失いかねない現状を嘆く。「能力ある若者にとって残念な状況」

 メルセデスF1トップのトト・ウォルフは、現在のドライバー市場のなかでも、特にエステバン・オコンが置かれている状況についての考えを明らかにした。

 メルセデスの支援を受けているオコンは、現在レーシング・ポイント・フォース・インディアでセルジオ・ペレスとともにレースに参戦している。

 しかしペレスが2019年もシートを確保すると見られている一方で、オコンはランス・ストロールにシートを譲ることになると考えられている。ランスの父親のローレンスが、7月にチームを買収して破産から救っているからだ。

 そのためオコンは新たなレースシートを探さねばならないが、2019年に向けての選択肢は減り始めている。

「ドライバーについての状況は非常に錯綜している。エステバンについては、ルノーと契約できるものと思われた。だが、たった48時間の間に状況が変わった」とウォルフはモンツァで述べた。

 ウォルフは、ダニエル・リカルドがレッドブルを離れてルノーワークスチームと契約を選ぶという、夏の間のショッキングなニュースについて言及した。

 その発表があるまでは、オコンがルノーのシートの最有力候補だと見られていた。彼はメルセデスのジュニアドライバー育成プログラムに加入する以前、ルノーのサポートを受けてモータースポーツのキャリアを開始している。

「合意は突如として、もはや合意ではなくなった。だがルノーがリカルドを迎えた理由は理解できる」とウォルフはため息をつく。

「状況はエステバンにとって理想的なものではなかった。タイミングの問題や不透明なコミュニケーションのせいで、能力のあるあのような若者が来年に適切なシートを見つけられないのだとしたら、非常に残念なことだ」

「彼はドライブできるし、人柄も素晴らしい。最終的にはレースで勝てるマシンを与えられ、タイトルを獲るかもしれない。私は彼について、長期的にはいまだに非常に楽観的な見方をしている」とウォルフは付け加えた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

F1 Photo Ranking

フォトランキング