F1 ニュース

投稿日: 2018.11.28 14:01

【動画】ライコネンが白いスーツで登場。ザウバーC37を初ドライブ


F1 | 【動画】ライコネンが白いスーツで登場。ザウバーC37を初ドライブ

 2018年F1最終戦アブダビGP後のタイヤテストで、キミ・ライコネンはザウバー復帰後の初走行を行った。

 2019年に向けてザウバーと契約したライコネンが、ピレリタイヤテスト初日に初めてザウバーC37のステアリングを握った。

 ライコネンは、2019年型マシンをテストする前に、2018年型の感触をつかんでおきたかったと、ヤス・マリーナ・サーキットでのテストを前に語っていた。

「(今年の)マシンがどういう感じなのか、テストしたかった」とライコネンが述べたとFormula1.comが伝えた。

「取り組むべき何か大きなものがあるのかどうか、確認したかったし、もちろん来年用のタイヤを試す機会でもある」

「彼ら(ザウバー)と仕事をするのは面白そうだ。新しいチャレンジだし、それこそ僕が求めていたものだ」

 テスト初日、白いスーツで登場したライコネンは、順調に周回を重ね、2019年のタイヤと2018年のタイヤの両方を使って走り、データを収集した。しかし最後のランでトラブルが発生し、ライコネンはコース上でマシンをとめなければならなかった。チームは、セッション終了間近だったため、テストプログラムに大きな支障はないとしており、トラブルの原因は調査中であると述べている。

 ライコネンは102周を走行、2019年のコンパウンド5(最も軟らかいコンパウンド)で自己ベストタイム1分39秒878をマーク、12人中11位となった。

 ザウバーはテスト2日目にはライコネンのチームメイト、アントニオ・ジョビナッツィを走らせる予定。


■【動画】2018年F1アブダビテスト初日 キミ・ライコネンがザウバーに復帰。C37を初走行


本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング