F1 ニュース

投稿日: 2019.05.10 18:29

マクラーレンF1の新マネージングディレクター、ザイドルがスペインGPから指揮を開始


F1 | マクラーレンF1の新マネージングディレクター、ザイドルがスペインGPから指揮を開始

 5月1日にマクラーレンF1のマネージングディレクターに就任したアンドレアス・ザイドルは、今週末の第5戦スペインGPにおいて、初めてピットで指揮を執る。

 2017年までポルシェでWEC世界耐久選手権のLMP1プログラムを率いていたザイドルについては、今年の初めにマクラーレン加入が発表されたものの、4月末まではガーデニング休暇の制約下にあった。

 過去にBMWとザウバーでF1に携わっていたザイドルは、今年3月のバーレーンGPでマクラーレンを訪ねて以降、チームの開発作業について内容の把握に務めてきた。

「ついにマクラーレンで仕事を始められたことをうれしく思う。チームのみんなからは、大変暖かく迎えてもらった」とザイドルは語った。

「チームに来て最初の数日間は、ファクトリーでできるだけ多くの人たちと話すようにした。これを今後数週間続けることで、チームへの理解も深まっていくだろう」

「スペインでは、今シーズン最初の数レースで見られたようなパフォーマンスを土台に、さらに作業を積み重ねていこうと思う。ただ、コース上はかなりの混戦模様だ」

「ヨーロッパラウンドの初戦は従来から各チームがアップグレードを施してくる場なので、グリッド上の序列がどうなるのか予測は難しい。だが我々としては引き続き、自分たちのパッケージ開発と主要領域におけるマシン改善に集中していく」

「普段と同じように、このレースウイークにおける目標は戦略、オペレーション、信頼性の強化を確かなものにすることだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
小川舞(おがわまい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング