ル・マン/WEC ニュース

2018.04.05

WEC:TVRがレベリオンとジョイント。13年ぶりにル・マン復帰


ル・マン/WEC | WEC:TVRがレベリオンとジョイント。13年ぶりにル・マン復帰

 WEC世界耐久選手権の最高峰、LMP1クラスに復帰するレベリオン・レーシングは4月5日、イギリスのスポーツカーメーカー『TVR』と提携したと発表した。同チームは発表に合わせて新たなマシンレンダリングを公開している。

 2017年、LMP2クラスへの移行したその年にシリーズチャンピオンを獲得し、2018/19年“スーパーシーズン”から2年ぶりにLMP1にカムバックを果たすレベリオン・レーシング。

 王座を獲得した昨シーズンは、フランスの人気コミック『ミシェル・ヴァイヨン』とコラボレーションし“ヴァイヨン・レベリオン”として参戦してきたが、今季は新たなパートナーとして、かつてル・マン24時間にも参戦したスポーツカーメーカー、TVRを迎えることとなった。

 TVRは1947年にトレバー・ウィルキンソンによって設立され、以後イギリスのスポーツカーの象徴ともいえるライトウエイトスポーツカーを生産してきた。

 2006年に経営破綻の憂き目にあったものの、2013年に再建され、昨年9月に開催されたグッドウッド・フェスティバルにおいて、コスワースチューンのV8フォードエンジンが搭載された新型『グリフィス』を発表している。

 ル・マンには1960年代に参戦していたほか、近年では2003~2005年まで、『TVR・T400R』で当時のGT2クラスに出場した。

 そんなTVRとタッグを組むレベリオンは今回の発表にあわせて、3月上旬のジュネーブ国際モーターショー内で公開したマシンレンダリングの最新バージョンを発表。公開された新デザインでは、TVRのロゴがレベリオンR13のフロントノーズ、サイドフェンダーに描かれたほか、ゼブラ模様のレッドラインが加えられているのが確認できる。

 また、チームは昨年から引き続きフランスのオイルメーカー、モチュールとのパートナーシップも継続しており、このオフの間にギブソン・テクノロジーが開発したLMP1向け新型エンジン『GL458』用潤滑油の開発を行なってきたという。

TVRのロゴが入ったレベリオンR13
TVRのロゴが入ったレベリオンR13
2005ル・マン・シリーズのGT2クラスに参戦していたTVR・T400R
2005ル・マン・シリーズのGT2クラスに参戦していたTVR・T400R


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング