クルマ ニュース

投稿日: 2020.04.07 10:59

フォルクスワーゲン、3Dプリンターを用い医療用シールドを生産。グループ全体で取り組む


クルマ | フォルクスワーゲン、3Dプリンターを用い医療用シールドを生産。グループ全体で取り組む

2020年4月6日
プレスリリース

コロナウイルス:フォルクスワーゲンは3Dプリンタ-を使用しフェイスシールドを生産

●フォルクスワーゲングループのブランドは、3Dプリンターを利用してフェイスシールドのパーツ生産を開始しました

●パーツはスペインに寄贈・輸送はエアバスが調整

●複数のフォルクスワーゲングループ傘下ブランドが3Dプリントプロジェクトを実施

 2020年4月2日、ウォルフスブルグ-コロナ危機に対応して、フォルクスワーゲングループは、3Dプリントによるフェイスシールドホルダーの生産を開始しました。これは、エアバスと、約250社が含まれる3Dプリントネットワーク『Mobility Goes Additive』との合同多国籍イニシアチブの一環です。
 
 エアバスにより開発された製品はスペインで使用されるため、来週ハンブルクからマドリッドへエアバスにより運ばれます。この業界横断的なイニシアチブは、スペイン国内において製品を分配するスペイン当局からの要求に応えて開始されました。目標は、その時までに可能な限り多くのホルダーを生産することです。
 
 さらに、医療品を生産するためのフォルクスワーゲングループ傘下ブランドによる他の多くの取り組みがあります。

 従来型のプラスチックフィルムは、第3者によって作られたホルダーに挿入されます。現在はそれをフォルクスワーゲンが生産しています。このシールドを使用すると、顔全体が透明な保護材で覆われます。できるだけ高レベルの衛生状態を確保するため、ホルダーを生産しているフォルクスワーゲンの従業員は、手袋とフェイスマスクを着用しています。

3Dプリンターで生産されたフェイスシールド用ホルダー
3Dプリンターで生産されたフェイスシールド用ホルダー

 
 フォルクスワーゲングループ生産部門責任者であるゲルドヴァルカーは「私たちのチームは、これらの緊急に必要な部品をできるだけ早く作るためにすでに全力で取り組んでいます」と述べています。
 
 これらの生産は、ウォルフスブルグやインゴルシュタットの大規模な3Dプリントセンターだけでなく、アウディ、ベントレー、ブガッティ、MANトラック&バス、ポルシェ、フォルクスワーゲン乗用車、フォルクスワーゲン商用車、フォルクスワーゲングループコンポーネント、フォルクスワーゲンモータースポーツの他の工場でも行われています。
 
 グループは現在、さまざまな工場で50台を超える3Dプリンターを使用しており、このプロジェクトにこれからさらにプリンターを追加していきます。これと同時に、ランボルギーニ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン乗用車で、他の医療品の生産にも取り組んでいます。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング