F1 ニュース

2017.07.28

F1ハンガリーGP FP2:初日はリカルドがトップタイム、2位以下は3強チームが入り乱れ


F1 | F1ハンガリーGP FP2:初日はリカルドがトップタイム、2位以下は3強チームが入り乱れ

 7月28日現地時間14時、ハンガリーGPのFP2が行なわれた。午前に続いて晴天に恵まれ、気温は25度、路面温度は33度というコンディション。 

 セッション開始直後から各車がソフトタイヤでコースインして走行開始。路面コンディションのせいかアンダーステアを訴えるドライバーが多い。午前中にアントニオ・ジョビナッツィがクラッシュしたマシンはまだ修理作業中で、ケビン・マグヌッセンはコースインができない。

 ジョリオン・パーマーもマシンがジャッキアップされて整備を受けている状態で、マシンから降りて待機を余儀なくされている。パーマーは25分が過ぎたところでようやくコースインを果たすこととなった。

 ソフトタイヤで走る序盤はルイス・ハミルトンが1分18秒779でトップ、これにダニエル・リカルドが0.226秒差で続き、3強チーム6台に続いて7位にはマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがつけるがトロロッソ勢とストフェル・バンド―ンも僅差で争う。

 30分を過ぎたところから各車がスーパーソフトでのアタックを始め、ここでトップに立ったのはFP1と同じくリカルド。これにセバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタス、キミ・ライコネン、ルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペンの順でトップ6台が0.5秒以内にひしめく。しかし14時35分にはライコネンがセクター3でスローダウンしストップ。なんとかMGU-Kで再起動してガレージに戻った。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング