レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2018.07.14 18:07
更新日: 2018.07.14 18:09

ビルヌーブ、ウイリアムズF1の低迷は「副代表にクレアを任命したことに原因がある」と主張

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ビルヌーブ、ウイリアムズF1の低迷は「副代表にクレアを任命したことに原因がある」と主張

 元F1ドライバーのジャック・ビルヌーブは、自身が1997年にタイトルを獲得した際に在籍していたウイリアムズF1に対して「チームは死んだ」と厳しい評価を下している。

 ウイリアムズが最後に勝利を経験したのは2012年のことであり、それ以前の優勝は2004年にまで遡る。2017年には中団グループのなかでも上位に位置していたものの、今シーズンはランキング最下位。パフォーマンスの低迷は問題の多いFW41のシャシーと、才能はあるものの経験の少ないふたりのドライバーによるものと考えられる。

 チームが今シーズンに獲得したポイントは、ランス・ストロールがアゼルバイジャンGPで獲得した4ポイントのみ。しかしながら好転の兆しは見られず、ビルヌーブはチームの将来に関して冷酷ともいえるほどのコメントを発している。

「チームは死んだ。何も見えてこない……。単純に、マネジメントがまったくなっていない状態だ」と、ビルヌーブはMotorsport-Total.comに語っている。

 彼は、チームの問題はフランク・ウイリアムズが息子のジョナサンではなく、娘のクレアを副代表に任命した際に始まったと考えている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース