F1 ニュース

投稿日: 2019.04.14 17:03
更新日: 2019.04.15 12:03

F1第3戦中国GP決勝:1000戦目の節目で、王者メルセデスが貫禄のワンツーフィニッシュ。レッドブル・ホンダはダブル入賞


F1 | F1第3戦中国GP決勝:1000戦目の節目で、王者メルセデスが貫禄のワンツーフィニッシュ。レッドブル・ホンダはダブル入賞

 4月14日現地時間午後2時10分、F1第3戦中国GPの決勝が行なわれメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位、ピエール・ガスリーは6位に入賞している。

 決勝日となる日曜は、朝からどんよりと曇っていたものの気温は高く19度、しかし路面温度は29度までしか上がっていない。暑くなればソフトタイヤのタレが大きくなり2ストップ作戦の可能性が高まるが、金曜フリー走行より低いコンディションではソフトタイヤが想定の15〜18周以上に保つ可能性も出てきた。

 FP3のクラッシュでクラッシュしモノコック交換を行なったアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は、規定によりピットレーンスタート。パワーユニットの全6コンポーネントを今季2基目の新品に交換、ギヤボックスも新品に交換している。Q1でトラブルに見舞われタイムを記録することなく終わったアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)は19番グリッドからのスタートが認められた。こちらはCE((コントロールエレクトロニクス))のみ今季2基目の新品に交換している。

 Q3に進出しなかった11番グリッド以下はジョビナッツィとアルボンを除き全車がミディアムタイヤを選択。その2台と6番手ガスリーから10番手ロマン・グロージャン(ハース)までの5台のみがソフトタイヤのスタートとなった。

 フォーメーションラップの低速コーナーからの立ち上がりでガスリーとロバート・クビサ(ウイリアムズ)がスピンを喫するなど、リヤ挙動のナーバスさがすでに明らかになる。

 スタートではイン側のハミルトンとシャルル・ルクレール(フェラーリ)が好加速を見せ、それぞれ真っ直ぐ進んでターン1までに首位、3番手に浮上する。後方ではターン6の立ち上がりでダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)がカルロス・サインツJr.(マクラーレン)と接触してマシンが跳ね上がり、着地したところにいたランド・ノリス(マクラーレン)が跳ね飛ばされてダメージを負いピットイン。サインツもフロントウイングを壊しておりピットインを強いられた。

2019年F1第3戦中国GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第3戦中国GP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 上位は首位ハミルトン、2番手ボッタス、3番手ルクレール、4番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン、6番手ガスリーというオーダーのまま膠着状態となる。3番手ルクレールは4番手ベッテルからプレッシャーを受けペースアップの指示を受けるが思うようにペースが上げられない。

 中団トップは7番手ダニエル・リカルド(ルノー)、8番手セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、9番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、10番手グロージャンとなった。しかし後方からキミ・ライコネン(アルファロメオ)が追い上げを見せ4周目には10番手まで浮上してくる。

 14番手まで落ちたクビアトは6周目のターン6でランス・ストロール(レーシングポイント)のアウト側に並びかけるが止まりきれず。また1周目の接触に対してドライブスルーペナルティを科されてここで実質的にレースを失ってしまった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング