F1 ニュース

投稿日: 2020.02.12 05:55
更新日: 2020.02.12 05:59

フェラーリ2020年型F1『SF1000』:ダウンフォース不足等の弱点克服へ。ラジカルなコンセプトの下、全エリアを見直し


F1 | フェラーリ2020年型F1『SF1000』:ダウンフォース不足等の弱点克服へ。ラジカルなコンセプトの下、全エリアを見直し

 スクーデリア・フェラーリが、2月11日、2020年型F1マシン『SF1000』をイタリアのレッジョ・エミリアにあるロモロ・ヴァッリ・ムニキパーレ劇場において発表した。チーム代表マッティア・ビノットは、ニューマシンは一見昨年型と極めて似ているように見えても、あらゆるエリアを見直して向上を図った「全くの別物」であると述べている。

 発表会にはフェラーリ社CEOルイス・カミレリ、会長ジョン・エルカーン、チーム代表ビノット、レースドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが登場、ニューマシン『SF1000』を披露し、それぞれ2020年シーズンに向けての抱負などを語った。

フェラーリの2020年型F1マシン『SF1000』。ドライバーはセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのふたりが続投する
フェラーリの2020年型F1マシン『SF1000』。ドライバーはセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのふたりが続投する

 フェラーリは2019年には王者メルセデスに235点差をつけられ、F1コンストラクターズ選手権2位に甘んじた。2020年の目標は、当然のことながらメルセデスの7連覇を阻止し、自らがチャンピオンになることだ。

 今年、フェラーリがF1での1000戦目を迎えることを記念して、マシンは『SF1000』と名付けられた。カラーリングは昨年型とほぼ同じで、スポンサーであるフィリップモリス・インターナショナルの“Mission Winnow”プロジェクトのロゴが配されている。

■スレンダーなボディの『SF1000』。セットアップ最適化のためサスペンションの変更も


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています