F1 ニュース

投稿日: 2017.03.17 16:27
更新日: 2017.03.17 16:33

ロス・ブラウン、F1の将来を見据え委員会編成を計画。主な議題はオーバーテイクの改善


F1 | ロス・ブラウン、F1の将来を見据え委員会編成を計画。主な議題はオーバーテイクの改善

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、未来のF1世界選手権がどうあるべきかを検討するために、外部の専門家による委員会の編成を計画している。

 以前F1でチーム代表を務めた経験を持つブラウンは、リバティ・メディアのF1買収にともない、今年1月にFOMで現在の役職に就任した。現在はグランプリレースをより面白いものにしていくための、長期戦略の策定に着手している。

 近年のF1では、個々のチームの思惑に影響を受けるかたちでルール変更が行われてきた。これに対してブラウンは、知名度のある専門家を集めた小規模の委員会を設置し、ショーとしてのF1を改善するための提言を得ることを計画している。

 この数週間、ブラウンはF1関係者との間でその大枠に関する議論を行ってきた。リバティ・メディアは今後の方針を通知するために、今週になってチームとのミーティングを開催。ブラウンはこの件について、以下のように語っている。

「業界で知名度のある人材や専門家たちに、FOM内で取り組みを進めてもらう。誰もが納得する人選になると思う。ごく小さな5~6人のチームになる予定だ。だが私のこれまでの経験と知見で言えば、今後のF1が何をすべきかという適切な議論をし、提言をプロセスに組み込んでいくには、この規模で十分だ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング