海外レース他ニュース

2018.01.10

フォーミュラE:オートメーション技術大手『ABB』がシリーズの冠スポンサーに就任


今後、フォーミュラEは『ABB FIAフォーミュラE』として開催される

 フォーミュラEは1月9日、スイスに本社を置く多国籍企業『ABB』とタイトルスポンサー契約を結んだ。

 今回、フォーミュラEのタイトルスポンサーに就任したABBは、1988年に創業した企業で、オートメーション技術や電力技術における大手。日本でも東海道新幹線のメンテナンスに同社のロボットなどが活用されているという。

今後、フォーミュラEは『ABB FIAフォーミュラE』として開催される
今後、フォーミュラEは『ABB FIAフォーミュラE』として開催される

 そんなABBが冠スポンサーに就任したことで、フォーミュラEは今後『ABB FIAフォーミュラE』として開催されることになる。なお、具体的な年数は明かされていないものの、フォーミュラEとABBの契約は複数年とのこと。

今後、フォーミュラEは『ABB FIAフォーミュラE』として開催される
今後、フォーミュラEは『ABB FIAフォーミュラE』として開催される

「今日はフォーミュラEにとって歴史的な日になった。電力部門やデジタル技術などで豊富な知識をもつABBをシリーズの冠スポンサーに迎えることを誇りに思う」とフォーミュラEのアレハンドロ・アガグCEO。

「我々とABBが手を組むことで限界を押し上げることができるだろう。ABB FIAフォーミュラEをフォローしている人々は、技術革新が起きる瞬間を目の当たりにすることになる」

 ABBのウルリッヒ・シュピースホーファーCEOは、「フォーミュラEとともに、電動モビリティの未来図を描くことを楽しみにしている」と語っている。

「我々が手を組むことで、フォーミュラEというスポーツは新たなフェーズに突入することになり、レースごとに新しい未来を見せることになる」

今後、マシンのノーズ部分にもABBのコーポレートマークが入れられる
今後、マシンのノーズ部分にもABBのコーポレートマークが入れられる
今後、マシンのノーズ部分にもABBのコーポレートマークが入れられる
今後、マシンのノーズ部分にもABBのコーポレートマークが入れられる


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

SUZUKI/2019TAS
羽瀬萌(はせめぐむ)

Photo Ranking

フォトランキング