海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.07.23 21:37

インディカー第12戦トロント 佐藤琢磨 マーカス・シモンズレースレポート


海外レース他 | インディカー第12戦トロント 佐藤琢磨 マーカス・シモンズレースレポート

=========================
20番グリッドからの復活劇
第12戦 トロント
=========================

 結果的に佐藤琢磨はベライゾン・インディカーシリーズのトロント戦で5位入賞を果たし、去る4月に行われたロングビーチ・グランプリと並ぶ今シーズン・ベストの成績を残した。それは素晴らしい週末の締めくくり方だったが、No.14 AJフォイト・レーシング・ダラーラ・ホンダの悪い流れを変えるのに必要ないささかの幸運にも恵まれたのも事実。「最終的にはいい週末になりましたが、ある時点ではちょっとした心配もしていました」 琢磨もそう語っている。

 今年もトロントで開催された市街地レースにおいて、先ごろ開発されたばかりのセッティングを採り入れた琢磨は走り始めから好調だった。このためには、ピットレーンがアウトサイドに移設され、コース終盤のターン9、10、11がモディファイされた新しいコースレイアウトに適合することも必要だった。

「新しいピットレーンを建設するために、オフィシャルはターン9、10、11にコンクリートウォールを築き、コース幅を半分ほどにしてしまいました。かつてピットレーンとして使われていた部分はレースコースとなっています。おかげでずっとタイトなうえにコース幅が狭く、とてもツイスティーなセクションに生まれ変わりました。以前はターン9が70mph(約112km/h)、ターン10は80mph(約128km/h)、ターン11は100mph(約160km/h)で通過していましたが、コーナリングスピードは大幅に低下しています。さらに、ターン9の中央にはコンクリート・パッチが作られ、とても滑りやすくなりました。右コーナーのターン10には大きなバンプが生まれたうえ、5度から7度ほどのひどい逆バンクとなった影響で、進入ではアンダーステアが出やすくなり、出口付近ではトラクションがかかりづらいコーナーとなりました。ターン11は複合コーナーで、奥に行くにしたがってコーナーはきつく、そして幅は狭くなります。プラクティスでふたりのドライバーがここでアクシデントを起こした際には、ウォールの間でまるでピンポンのようにマシーンは跳ね返されていました。さらにはサポートレースでも事故が起きていたので、ここには何かしらの問題が潜んでいると僕たちは考えるようになりました」


本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング