レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2023.12.22 11:54

2025年導入エクストリームHの“水素燃料電池”搭載プロトタイプがシェイクダウン「予定より早い進捗」

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ラリー/WRC | 2025年導入エクストリームHの“水素燃料電池”搭載プロトタイプがシェイクダウン「予定より早い進捗」

 直近にもFIA国際自動車連盟やF1との合同ワーキンググループを立ち上げ、2025年には世界初の水素燃料モータースポーツ・シリーズへと移行するプランを表明している『Extreme H(エクストリームH)』が、新しいチャンピオンシップの開始に先立ちシリーズ最初のプロトタイプ・シャシーのシェイクダウンに成功。開発における「最初の大きなマイルストーンを完了した」ことを明かした。

 この12月初旬に南米大陸で“シーズン3”を終えたばかりのワンメイク電動オフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』だが、フルBEVで争われる同選手権の発展形として、将来的な導入を計画する水素を動力としたプロトタイプのティーザー画像(タイトル写真)を公開。先日のテストで無事にトラックデビューを果たし、初回テストとしては有望な走行距離を記録した。

 2024年後半の本格的なお披露目を目指すタイムスケジュールに対し「厳格なテストプログラムが進行中」というエクストリームH用シャシーは、史上初のオフロード水素レーシング・シリーズである2025年のチャンピオンシップ投入に向け「モビリティのイノベーションとソリューションのテストベッドとして設計された」という。

 その技術的詳細はまだ不明な点が多いものの、今回のアナウンスにより約1年後のデビュー時には「水素燃料電池を搭載する」モデルが日の目を見ることが判明した。

「予定より早くエクストリームH用プロトタイプのシェイクダウンを完了したことは、来る2025年のラウンチに向け大きく準備が進んでいることの表れだ」と語るのは、シリーズ創設者兼CEOのアレハンドロ・アガグ。

「我々としても、水素を動力とするコンセプトを初公開できることに興奮している。これはモータースポーツにおいて画期的なものになると感じているんだ。エキサイティングな水素の未来に向けていち早く移行し、史上初のオフロード水素レースの世界選手権を立ち上げる上で非常に重要な第一歩になった」

今回のアナウンスにより約1年後のデビュー時には「水素燃料電池を搭載する」モデルが日の目を見ることが判明した(写真はエクストリームE)
エクストリームH車両のイメージカット。水素を使用したオフロードレースとなる。
エクストリームH車両のイメージカット。水素を使用したオフロードレースとなる。

■次のページへ:早ければ2026年にもFIA格式の世界選手権に


関連のニュース