ル・マン/WECニュース

2017.04.15

WEC開幕戦:トヨタがフロントロウ独占。14年以来のポールポジションを獲得


 2017年WEC世界耐久選手権第1戦シルバーストンは4月15日、公式予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

 WECでは2名のドライバーが記録したラップタイムの平均値で順位が決定する予選形式が採られている。

 現地13時30分から始まった公式予選は日差しが降り注ぐ晴天のもとで行われた。トヨタとポルシェを筆頭に各車ともシグナルがグリーンに変わると同時にコースインしていく。

 真っ先にタイムを出してきたのはトヨタ勢で7号車TS050ハイブリッドを駆る中嶋一貴が1分37秒639を記録すると、その後方を走る小林可夢偉のトヨタ8号車が1分36秒793という驚速タイムをマークしてみせた。

2017年WEC第1戦シルバーストンポルシェ919ハイブリッド
2017年WEC第1戦シルバーストンポルシェ919ハイブリッド

 一方、ポルシェ勢もトヨタの2台のタイムには及ばないもののフリー走行からタイムを上げ、ニール・ジャニが駆る1号車ポルシェ919ハイブリッドが1分38秒776、ブレンドン・ハートレーの2号車が1分38秒954を記録した。

 両陣営計4台のマシンはアタックを終えると早々にピットへ戻り、後半を担当するドライバーへマシンを託していく。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Team JLOC Marvelous Queen/2017SGT
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)