ル・マン/WEC ニュース

2017.05.07

WEC:トヨタ勢がレースを支配。2014年の上海以来となるワン・ツーフィニッシュ飾る


ル・マン/WEC | WEC:トヨタ勢がレースを支配。2014年の上海以来となるワン・ツーフィニッシュ飾る

 WEC世界耐久選手権は5月6日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで第2戦の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/アンソニー・デビッドソン)が優勝。2位に7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉)が続き、トヨタがワン・ツーフィニッシュを飾った。

 6時間の決勝レースでは、2番手スタートの7号車トヨタがレースの大半をリード。しかし、2度のフルコースイエローが、僚友8号車トヨタを援護する形となった。

2017WEC第2戦スパ オープニングラップの1コーナーでブレーキングをロックさせたる9号車トヨタTS050ハイブリッド
2017WEC第2戦スパ オープニングラップの1コーナーでブレーキングをロックさせたる9号車トヨタTS050ハイブリッド

 可夢偉とコンウェイがドライブする7号車トヨタはレース開始から3時間が経過した時点で総合2番手の8号車トヨタに対し、25秒ものリードを築いてみせる。

 レース残り3時間を切ったタイミングで、LM-GTEアマクラスの86号車ポルシェ911RSRがホームストレートでストップ。これによりレース1度目のフルコースイエローが導入される。

 トップの7号車は、このタイミングでルーティンのピットへ。可夢偉からコンウェイへとステアリングを引き継ぐ。

2017WEC第2戦スパ 8号車トヨタTS050ハイブリッド
2017WEC第2戦スパ 8号車トヨタTS050ハイブリッド

 一方、総合2番手を走る8号車トヨタはステイアウトして、7号車トヨタより1周遅れてピットイン。ドライバー交代は行わずピットアウトすると、8号車トヨタの一貴は15秒ものアドバンテージを手にして総合首位に躍り出た。

 しかし、総合2番手を走る7号車トヨタのコンウェイのほうがラップペースがよく、コンウェイはファステストラップを記録する速さで一貴を猛追。レース残り2時間の時点で一貴の3.9秒後方まで迫ってみせる。

■トヨタ勢の優勝争いは2秒差でファイナルラップへ


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング