ル・マン/WEC ニュース

2017.12.14

IMSA:『NSX GT3』の初優勝を飾ったMSRが体制刷新。2018年のフル参戦は1台に


ル・マン/WEC | IMSA:『NSX GT3』の初優勝を飾ったMSRが体制刷新。2018年のフル参戦は1台に

 2017年シーズン、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップのGTデイトナ(GTD)クラスに2台の『アキュアNSX GT3』を投入し、同モデルの初優勝、さらに2勝目を飾ったマイケル・シャンク・レーシング(MSR)が来シーズンの体制発表を行なった。

 2012年のデイトナ24時間を制したMSRは今季、2016年まで活動の場としていたシリーズ最高峰のプロトタイプクラスを離れ、北米ホンダの支援のもとFIA GT3マシンで争われるGTDクラスに移行。

 同年から本格的なレースデビューを果たしたアキュラNSXを2台体制でレースに投入して第5戦デトロイトでNSXに世界初の優勝をもたらすと、続く第6戦ワトキンスグレン6時間でもクラス優勝を飾り、最終戦となる第12戦プチ・ル・マンまでタイトル争いを繰り広げた。

2台揃って走行する86号車と93号車NSX。2017年第10戦バージニア
2台揃って走行する86号車と93号車NSX。2017年第10戦バージニア

 そんなチームは2018年に向けて体制を刷新。現体制からカスタマーベースのオペレーションに移行するとともにフル参戦車両を2台から1台に絞ることを明らかにしている。

 しかし、チームによればデイトナ24時間、セブリング12時間など全4イベントからなるNAECノース・アメリカ・エンデュランス・カップについては2台目のNSXを投入するといい、またIMSAシリーズ以外のレースに挑戦する可能性もあるという。

 ドライバーラインアップは今季、スティーブンソン・モータースポーツの57号車アウディR8 LMSをドライブしたローソン・アシェンバッハー、2009年のデイトナのGTクラスウイナーでNASCARエクスフィニティ・シリーズでの優勝経験もあるジャスティン・マークスをフル参戦する93号車NSXのレギュラードライバーに迎えた。

 また、NAECで起用される第3ドライバーにはマリオ・ファーンバッハー、デイトナ24時間をサポートする第4ドライバーに元インディカードライバーのAJ.アルメンディンガーが起用されている。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング