ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.11.08 14:04
更新日: 2019.11.11 17:50

WEC上海:レベリオンが首位発進。ジネッタ勢が続きプライベーターがトップ3独占


ル・マン/WEC | WEC上海:レベリオンが首位発進。ジネッタ勢が続きプライベーターがトップ3独占

 9月に開幕した2019/2020年WEC世界耐久選手権は11月8日、中国の上海国際サーキットで第3戦上海4時間レースのフリープラクティス1回目が行われ、レベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノルマン・ナト組)がオープニングセッションの総合首位に立っている。

 WEC“シーズン8”の3戦目の舞台はアジアラウンド2カ国目となる中国・上海だ。朝から晴天に恵まれた走行初日は、現地時間11時に90分間のフリープラクティス(FP)1回目がスタートした。

 今戦にはレギュラー参戦する30台とスポット参戦のプロトン・コンペティションが走らせる78号車ポルシェ911 RSRを含めた全31台がエントリーしているが、この内、チームLNTの5号車ジネッタG60-LT-P1・AERとAFコルセの71号車フェラーリ488 GTE Evoを除く29台がセッション開始直後から精力的にラップを重ねていく。

 レースウイーク最初のプラクティスは大きなトラブルやアクシデントもなく進みまずは、レベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソンが1分50秒を切るタイムで総合トップに。中盤にはチームLNTの6号車ジネッタG60-LT-P1・AERがこれを逆転する。

 また、セッション開始から30分以上にわたってガレージに留まっていた5号車ジネッタG60-LT-P1・AERもセッション時間30分を切ったところでコースイン。すると、1分49秒183というタイムをマークしてトップに躍り出た。しかし、チェッカーまで残り1分あまり、レベリオンのメネゼスが唯一の1分48秒台となる1分48秒761を記録。これでFP1の総合首位に立っている。

 総合2、3番手はジネッタ勢が続き、プライベータがトップ3を独占してみせた。開幕2連勝中のTOYOTA GAZOO Racingは7号車トヨタTS050ハイブリッドがトップから1.3秒以上遅れる総合4番手で、タイムは1分50秒085。8号車トヨタTS050ハイブリッドは、LMP2クラス首位となったクール・レーシングの42号車オレカ07・ギブソン(ニコラ・ラピエール/アントニン・ボルガ/アレクサンドレ・コニー組)を挟んで総合6番手/クラス5番手に留まっている。

第2戦富士からの連勝を狙うTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド
第2戦富士からの連勝を狙うTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド

 LMP2の2番手は前戦富士でWEC初優勝を飾ったレーシングチーム・ネーデルランドの29号車オレカ07。3番手にはユナイテッド・オートスポーツの22号車オレカ07が続き、ここまでが1分50秒台をマークした。

 LM-GTE ProクラスではポルシェGTチームの91号車ポルシェ911 RSR(ジャンマリア・ブルーニ/リヒャルト・リーツ組)が2分01秒389でクラス首位に立った。これに上海での連覇と富士からの2連勝を狙うアストンマーティン・レーシングの95号車アストンマーティン・バンテージAMRが続き、3番手にはAFコルセの51号車フェラーリ488 GTE Evoが入った。

 エントリーが1台増え、都合12台での争いとなるGTE Amクラスの首位は、チーム・プロジェクト1の56号車ポルシェ911 RSR(エギディオ・ペルフェッティ/デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン/マッテオ・カイローリ組)。タイムはGTE Proの3番手に次ぐ2分01秒814だった。クラス2、3番手には98号車と90号車のアストンマーティン勢がつけ、石川資章とケイ・コッツォリーノも乗り込むMRレーシングの70号車フェラーリ488 GTEがクラス4番手となっている。

 WEC上海は8日15時30分(日本時間16時30分)から2回目のフリープラクティスが行われる。

■2019/2020年WEC第3戦上海 フリープラクティス1回目


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

KeePer Angels
今井みどり(いまいみどり)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング