ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.01.12 03:40
更新日: 2017.01.12 03:44

ベントレー、2018年以降もGT3マーケットでの活動を継続へ。新車も見据える


ル・マン/WEC | ベントレー、2018年以降もGT3マーケットでの活動を継続へ。新車も見据える

 ベントレー・モータースポーツの代表を務めるブライアン・ガッシュは、2018年以降もGT3カーのマーケットでの活動を継続する考えがあると語っている。

 ベントレーは、2013年にコンチネンタルGT3をリリースし、14年からブランパン耐久シリーズに参戦を開始。ただ、本格参戦から3年が経過し、GT3カーにおけるモデルの刷新の時期を迎えつつある。

 GT3カーの活動についてガッシュは。すでに2018年に向けて既存のコンチネンタルGT3に代わるモデルの基礎を作っていると明かした。

「プログラムは継続される。市販車のモデルチェンジがあるときには、それがレーシングカーにも反映されるだろう」とガッシュは語った。

「我々の現行の市販車は生産サイクルのなかばに差しかかっているが、当面は既存のクルマもホモロゲートされて、2021年までは競争力があるだろう」

2015年にはニュルブルクリンク24時間にも挑戦したベントレー・コンチネンタルGT3
2015年にはニュルブルクリンク24時間にも挑戦したベントレー・コンチネンタルGT3


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

MOTUL
花井ゆうか(はないゆうか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング