スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.13 14:11
更新日: 2017.07.28 12:40

D’station Racing スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | D’station Racing スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

D’station Racing
Race Report

AUTOBACS SUPER GT SERIES Round.1 Okayama
April 8−9 2017

 2017年、新たにSUPER GT300クラスに挑戦するD’station Racingの“初陣”がいよいよやってきた。4月8〜9日、岡山国際サーキットで迎えた開幕戦に、D’station Racingは装いも新たに、ホワイトとグリーン、ブラックに彩られたD’station Porscheを持ち込んだ。事前の公式テストでの感触は非常に良く、チームは開幕ダッシュを決めるべく4月8日(土)の公式練習に臨んだ。

 迎えた午前9時からの1時間45分の走行は、藤井誠暢が感触を確かめるべくコースイン。この日は前夜からの雨が残り、ウエットコンディションでスタート。徐々に乾いていく状況だったが、藤井は乗りはじめから違和感を覚える。公式テストでの好感触から一転、タイヤのグリップが不足しているのだ。

「テストとはコンディションがまったく違っていたのが要因です。まわりも同じ条件ではありますが、あまりにかけ離れていた」と武田敏明監督も頭を抱えてしまう状況。迎えた午後2時45分からの公式予選Q1でも、藤井が果敢なアタックをみせるが、やはりコンディションに対応しきれず、19番手と伸び悩んでしまう。14台が進出できる予選Q2への進出はならず、予想外の下位グリッドからのレースを強いられることになってしまった。

 明けた4月9日(日)は朝こそ曇天だったものの、次第に晴れ間も広がってきた。公式テストに近いコンディションだ。午後1時09分からのウォームアップ走行で、D’station Porscheは息を吹き返した。たしかな手ごたえを得て迎えた決勝レースでは、藤井がスタートドライバーを務めたD’station Porscheは快進撃をみせはじめる。5周目には一気にふたつポジションを上げると、6周目にはさらに1台と、20周目には13番手にまで浮上した。D’station Porscheはもともとレースペースに絶対の自信をもっており、それが発揮されたかたちだ。

 藤井は他車のピットインにともない4番手までポジションを上げたところで、ポルシェファクトリードライバーのスヴェン・ミューラーに交代する。ミューラーにとっては初めてのSUPER GTでのレースだが、SUPER GT特有とも言えるタイヤのウォームアップにやや苦戦。ここで2台ほどにかわされてしまうが、その後ペースを取り戻したミューラーは、4番手を争う集団をキャッチアップ。#51 RC Fの背後で前を追った。

 しかし、競争が激しいGT300クラス、そしてタイトな岡山ではオーバーテイクは思うようにいかない。最後は9位という順位でチェッカーを受け、2ポイントを獲得した。19番手という予選順位を考えれば上々のレースだったが、D’station Racingにとって目指す場所はもっと前。次戦富士ではさらなる上位争いを展開するべく、準備を整えていく。

D'station Porsche
D’station Porsche
D'station Porscheの藤井誠暢とスヴェン・ミューラー、佐々木主浩総監督
D’station Porscheの藤井誠暢とスヴェン・ミューラー、佐々木主浩総監督


本日のレースクイーン

Arrange Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング