クルマ ニュース

投稿日: 2019.10.23 17:09

最新ニッサン・インテリジェント・モビリティを体現する2台のEVコンセプトカーを東京モーターショーで初披露


クルマ | 最新ニッサン・インテリジェント・モビリティを体現する2台のEVコンセプトカーを東京モーターショーで初披露

2019/10/23
プレスリリース

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、代表執行役:山内康裕)は、第46回東京モーターショー2019において、最新の“ニッサン・インテリジェント・モビリティ”を体現する2台の電気自動車(EV)のコンセプトカー『ニッサン・アリア コンセプト』と『ニッサンIMk』を初披露しました。

 2台のコンセプトカーはニッサンの今後の製品ラインアップの方向性や、新開発EVプラットフォームがもたらすデザインと技術の新たな可能性を提示しています。

 グローバル研究開発担当副社長の中畔邦雄は「大変革の時代に直面する自動車業界において、私たちニッサンもまた、新しい時代へ突入しようとしています。ニッサンは電気自動車や高度に知能化した運転支援技術の開発にいち早く着手してきました。そして、2台の新しいコンセプトカーが示すとおり、今後も先駆者として世界をリードしていきます」と語りました。

■『ニッサン・アリア コンセプト』: 未来のニッサン車を現実的な姿で

 ニッサン・アリア コンセプトは、“タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム”というニッサンの新しいデザインの方向性を反映し、EVと日本の伝統的なミニマリズムを融合することで、新たなデザインの可能性を提示しています。

 グローバルデザイン担当専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサは、「ニッサン・アリア コンセプトは、ニッサンのEVテクノロジーが大きく飛躍したことにより生まれました。同車のデザインはその飛躍を体現しています。電動化・自動運転・コネクティビティなどの先進技術と日本のものづくりの精神の融合により生まれた、ニッサンブランドの新しいデザインランゲージは、当社が伝統を大切にしながら未来志向であることを象徴しています」と語りました。

■『ニッサンIMk』: 革新的な小型シティコミューター

 ニッサンIMkは、進化した“ニッサン・インテリジェント・モビリティ”技術とパワフルなEVパワートレインをコンパクトで俊敏なボディに搭載したコンセプトカーです。ニッサンIMkのエクステリアは、滑らかに面や線が流れていく上質でシックなデザインを取り入れ、新しい時代の小型EVの姿を提案しています。

東京モーターショーで初披露された『ニッサンIMk』(右)と『ニッサン・アリア コンセプト』
東京モーターショーで初披露された『ニッサンIMk』(右)と『ニッサン・アリア コンセプト』

■“ニッサン・インテリジェント・モビリティ”の幅広い展示

『ニッサン・アリア コンセプト』と『ニッサンIMk』とともに、東京モーターショーに出展している車両は以下のとおりです。

・先進運転支援技術“プロパイロット2.0”を搭載した新型『スカイライン』
・マイナーチェンジし、デザインを一新した『セレナ』
・軽自動車として初めて“プロパイロット”を搭載した『デイズ』
・“ニッサン・インテリジェント・モビリティ”の取り組みをエキサイティングに表現したEVレーシングカー『NISSAN LEAF NISMO RC』
・航続距離とパフォーマンスを向上させた『ニッサン・リーフe+』

 一般公開日には、さらに『NISSAN GT-R 50th Anniversary』や『NISSAN GT-R NISMO』といったスーパースポーツカーや、『ノート e-POWER NISMO S Black Limited』や『セレナ e-POWER AUTECH』などの革新的な電動化技術を体現したモデルも展示します。

 第46回東京モーターショーの一般公開日は、10月25日から11月4日です。ニッサンブースは、東京ビッグサイトの西展示棟2ホールにあります。

■世界初公開のEVクロスオーバーコンセプト
『ニッサン・アリア コンセプト』の詳細


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング